肌年齢をマイナスにしたい!たるみ毛穴の原因と解消法を徹底解説。

たるみ毛穴

なんだか毛穴が目立つなあ・・・

なんだか毛穴同士がつながっているような気がする・・・

メイクしてもきれいに隠れないし、どうにかならないものか・・

 

30代以降の方の場合、それはたるみ毛穴かもしれません。

 

年齢を重ねると肌の弾力が低下し、皮膚がたるんできます。毛穴周辺の皮膚の弾力が失われ、毛穴がくぼんで影になり、大きく広がって見えます。さらに重力に逆らえずに毛穴が下にひっぱられ、楕円形や涙型のように縦に毛穴が変形して目立つことをたるみ毛穴と言います。

また、このたるみ毛穴は進行すると毛穴同士がつながってしまい、シワになる場合もあります。特に鼻やほほの横に出やすく、小じわやほうれい線の原因にもなりえます。

 

毛穴のケアはパックやオイルクレンジング、ピーリングなどが家庭でも手軽にできますが、たるみ毛穴の場合はこれらのケア方法はあまり効果がありません。

エイジングケアとしてぜひ知っておきたい、たるみ毛穴に効果的な方法を原因とともにクリニックの視点から詳しく説明します。

ぜひ参考にしてください。


1 “たるみ毛穴”とは?

たるみ毛穴は30代以降に目立ってくることが多い症状です。

毛穴に関するお悩みは「毛穴が目立つ」「黒ずみが気になる」など、年齢関係なく悩んでいる方が多くいらっしゃいますが、たるみ毛穴は原因が皮脂やたんぱく汚れではありません。毛穴ケアで、一般的に主流となっている主流となっているパックやクレンジングの徹底、ピーリングやふきとり化粧水などの皮脂対策だけではたるみ毛穴は改善が期待しにくいのです。

「毛穴ケアをしているけど、毛穴が気になる」
「これはたるみ毛穴かも・・・?」と思った方は以下の項目をチェックしてみてください。

✓毛穴が楕円形や涙型など縦長に伸びて目立っている

✓毛穴が伸びて目立っているのは鼻の横や頬のあたり

✓30代以上である

✓ピーリングやパックを行っても毛穴が目立つ

✓肌を指でひっぱると毛穴が見えなくなる

✓アップヘアにしたり、こめかみあたりを手のひらで持ち上げると顔の印象が若くなる

上記にひとつでもあてはまる人は「たるみ毛穴」の可能性が高いです。

毛穴がのびるとたるみ毛穴になる、と前述しましたが具体的に説明します。

まず肌が衰えると、真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成が減少し、水分保持力も低下します。コラーゲンやエラスチンは線維状の組織で、ネットのように肌に広がっています。しかし加齢によってこのネットがのびてしまうと、肌を支えきれなくなりシワやたるみがだんだんと増えてくるのです。真皮層の組織の衰えと同時に水分保持力も低下し、肌表面のハリや透明感もなくなっていきます。

 

真皮がハリのある若々しい肌 
正常な皮膚

 

 

 

 

 

肌の土台の真皮が衰え、表皮にもハリがない肌
乱れた皮膚

 

 

 

 

 

さらに、顔の筋肉量が低下すると、肌が重力に逆らずに下向きにたるんでいきます。同時に毛穴も重力にひっぱられ、毛穴が縦に開いて大きく目立つようになります。

これがたるみ毛穴のメカニズムです。

また、たるみ毛穴が進行し毛穴同士がつながると、小じわになります。この状態の毛穴を帯状毛穴ともいい、さらに進行するとほうれい線などのくっきりとしたシワになります。

たるみ毛穴の原因について詳しく説明します。


2 〈たるみ毛穴の症状〉5つの原因

たるみ毛穴の原因は大きく5つになります。

1加齢
2表情筋の衰え
3乾燥による水分不足
4過剰な皮脂の分泌
5紫外線による肌組織の破壊

ひとつづつ説明していきます。

2-1 加齢

加齢による肌の衰えが第一の原因です。前章で説明しましたが肌組織のボリュームや働きが低下し、ハリが失われてたるみがでてくると同じように毛穴もたるんでしまいます。

加齢は誰にでも訪れるものですが日々の食生活や運動で、老化の速度やレベルは変わります。

2-2 表情筋の衰え

老化に付随するのが表情筋の衰えです。

肌をささえている筋肉が衰えると、その上にある皮膚を支えられません。顔には数十種の表情筋がありますが、一般的に半分も使っていないといわれています。

日中人と話す機会が少なく、パソコンなどのデスクワークばかりだと表情筋を使う機会は少なくなるので、顔の筋肉が衰え肌のたるみも進行してしまいます。

2-3 乾燥による水分不足

乾燥した環境に長時間いたりもともと乾燥肌であった場合、表皮のバリア機能が低下します。乾燥した状態が続くと水分不足によってたるみ毛穴が進行してしまいます。

2-4  過剰な皮脂の分泌

上記の乾燥状態が続くと外部の刺激から肌を守ろうと皮脂の分泌が過剰になります。
その結果毛穴が開いて目立ちやすくなります。

2-5 紫外線による肌組織の破壊

紫外線は肌の表皮および真皮に入り込み、肌組織を傷つけてしまいます。特に真皮まで影響するUV-Aはコラーゲンやエラスチンを破壊するため、しわやたるみの直接の原因になります。光老化という言葉もありますので、日ごろから日焼け止めや日傘で紫外線対策を行う必要があります。


3 たるみ毛穴解消法

具体的にたるみ毛穴を解消する方法を紹介します。

家庭できるセルフケアからエステ、クリニックでの施術の3つをそれぞれ説明していきます。

3-1 セルフケア

まずは家庭でできるたるみ毛穴の対策です。

たるみ毛穴に有効とされている成分が入った基礎化粧品を日常に使うことで改善・予防ができます。主に水分不足による乾燥が改善され、毛穴が目立たなくなります。ただし化粧品は肌の表皮までしか浸透しないので、真皮の衰えに働きかけるには、クリニックでの施術が有効的です。

[たるみ毛穴に有効な成分]

EGF・FGF

EGF・FGFは成長因子のことで、再生医療分野で広く使われている成分です。

EGFは表皮を再生させる力をもった因子で、肌のキメや透明感を引き出します。FGFは線維芽細胞に働きかけ、真皮の修復を促す因子です。コラーゲンやエラスチンなどの生成を促進して真皮を充実させてシワなどを改善させます。

これらの成長因子は非常に高額で再生医療以外に使うことは難しいとされていましたが、医療や技術の進歩により生産や抽出がしやすくなりました。現在では表皮・真皮の修復を促進する効果の期待の高さが評価され、基礎化粧品にも使われています。

EGF・FGFが配合された化粧品

【エムディア EGF リニューローション】

エムディア7,020 円(税込)

EGFを高配合した高保湿ローション。とろりとしたみずみずしい感触です。水分の保持効果、持続性に優れたリピジュア※(ポリクオタニウム-51)コラーゲンやエラスチンとの相性が良いピクノジェノール※(フランスカイガンショウ樹皮エキス)が配合されています。イセアクリニック銀座院でも販売を行っています。

■リピジュア(ポリクオタニウム-51)
人工の細胞膜を作れる素材です。皮脂三分子膜の細胞膜(生体膜)の構造に着目して出来た水溶性ポリマーです。水分の保持効果、持続性に優れています。

■ピクノジェノール(フランスカイガンショウ樹皮エキス)
フランス海岸松の樹皮から抽出・規格化されたエキス。抽出する松の木に農薬は一切使用されておりません。
化粧品用途における特有の特質としてコラーゲンやエラスチンとの相性が良いということが挙げられます。

参考:https://m-dear.com/products/detail/9.html

 

フラーレン

フラーレンは肌の酸化を引き起こす「活性酸素」を無害化する働きがあります。活性酸素はもともと免疫システムのひとつで、肌や体内の異物を排除してくれますが、加齢やストレスで増えすぎるとシミやしわ、たるみ、またさまざまな病気の原因にもなります。

フラーレンはビタミンC172倍の抗酸化力を持ち、老化の原因となる活性酸素を無害化する働きがあります。強い抗酸化力で低刺激のため、美容医療クリニックでも使用されています。

 

フラーレンが配合された化粧品

FTC パーフェクト ブライトニング ミストエッセンスVCシリーズ】

8,424円(税込)

フラーレンと美白ケア成分VCエチルが配合されたエイジングと美白ケアが同時にできるミスト状化粧水です。スプレータイプなので紫外線と乾燥が気になる肌に手軽に美容成分を取り入れることができます。

参考:https://www.ftcbeauty.com/item/741092/

▼ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、肌の土台であるコラーゲンの生成を助ける働きがあります。
また、皮脂の過剰分泌をコントロールし、毛穴の開きや黒ずみ毛穴などの対策にもなります。さらには、メラニンを還元する働きもあり、メラニンが沈着した毛穴の改善も期待できます。ビタミンCは刺激もあるため、高濃度で使う場合には注意が必要です。

 

ビタミンC誘導体が配合された化粧品

【センシル】

センシル

¥5,076(税込)

ピュアビタミンCがお肌の奥深くまで素早く到達し、浸透したビタミンC成分の長時間持続と酸化防止剤フリーによる高い安全性を期待できます。
さらにこのATDS方式(※1)は溶媒として水を使用してしないため、アルコールや防腐剤などの保存料が一切含まれていません。これらの技術によりお肌への低刺激性と18ヶ月(1年半)という成分の長期安定が保証されています。
※1 高速浸透機能を有する両親媒性浸透システム

参考:https://www.ci-labo.com/shopping/product/00033744/

 

▼ビタミンA誘導体

ビタミンA誘導体は、ビタミンC誘導体と同じくコラーゲンの生成を助けます。また、ターンオーバーを促進する働きももっており、自然なピーリングに効果的です。

代表的なビタミンA誘導体はレチノールです。化粧品成分としては効果が高いのですが、刺激が強いため、敏感肌の人などは使用する際注意が必要です。

 

▼美顔機の使用

家電製品ブランドから、家庭でも使用できる美顔機が多く発売されています。主な機能としては上記で紹介したような化粧品の成分を角質層の奥までとどける導入機能や、肌の奥深くで熱を発生させ、皮膚の繊維芽細胞を刺激する高周波機能などがあります。メーカーや値段によってさまざまなものがあるので、もう一段階上のセルフケアがしたい方などは、取り入れてみてもいいでしょうたるみ。

3-2 エステ

エステサロンでのたるみ毛穴の有効な施術は以下になります。エステでは薬剤や強い出力の機器の使用はできないので、セルフケアと同じく、表皮の乾燥の改善、マッサージによる血行不良の解消、リラクゼーションに高い効果を期待できます。

 

▼光機器

肌に有効な光の波長によって、肌を美しくする機器です。シミやシワに有効、とうたっているところもありますがエステで使用できる機器はそもそも出力が弱いので、肌の悩みを根本から改善することは非常に難しいです。肌のハリがなんとなくアップした、明るくなったという肌表面の調子がよくなったという効果を実感できる方もいますが、効果には個人差があるようです。

3-3 クリニック

たるみ毛穴を根本から解決したいと思っている方には、クリニックでの施術をおすすめします。

セルフケアやエステでは、肌表面の表皮にしか働きかけることができませんが、医療機関では、真皮や筋肉に働きかける機器があり大きな効果・改善が期待できます。

IPL(フォトフェイシャル)

平均の価格:110,00040,000
効果が期待できる回数:3~5

IPLとは広範囲の波長の光を照射し、肌のくすみやシミ、ハリを改善する治療器です。光そのものはレーザーより弱く、その分、効果も限定的ですが、皮膚に大きなダメージを与えないので、手軽に受けることができます。フォトフェイシャルや、ライムライトが代表的です。

タイタン

平均の価格:130,00060,000
効果が期待できる回数:5~10回

タイタンは、赤外線領域の1100nm1800nmという特殊な波長の光で真皮層を刺激し、コラーゲンの生成を促します。施術直後からたるみの引き締め効果を実感でき、長期的に肌内部からたるみやシワの改善が期待できます。

 

ジェネシス

平均の価格:120,00040,000
効果が期待できる回数:3~5

ジェネシスは、肌表面にたまった古い角質を取り除くレーザーピーリング効果があり、ターンオーバーを促進・正常化させる働きがあります。またレーザーの熱作用によって毛穴を引き締め、真皮上層部のコラーゲンを活性化し肌のハリがアップします。タイタンとの併用されることも多い機器です。

 

ウルセラ 

平均の価格:1回約¥200,000~¥400,000
効果が期待できる回数:1回でも効果的

ウルセラは超音波で筋膜に働きかけ、肌の内側から強力にたるみを引き上げる効果があります。これまで手術でしか治療できなかった皮膚の一番深い層からリフトアップできるといわれており、「切らずに」たるみを解消することができます。超音波を使用するため、術後の赤みや腫れもほとんどなく、たるみを強力にリフトアップできます。持続期間は半年~1年と長い効果が期待できます。

 

ピーリング

平均の価格:1回約¥3,000~¥8,000
効果が期待できる回数:1回でも効果的

いくつか種類がありますが、薬剤を使い、角質層の汚れを溶かしてターンオーバーの正常化します。肌トラブルを起こさずに角質を取り除く治療です。直後にお肌のつるつる感が期待できます。サリチル酸マクロゴールピーリングやグリコール酸ピーリングなどが代表的です。

肌の弱い人は、薬剤を使わず水を超音波の力で吹き付けるディープクレンジングがおすすめです。

 

イオン導入

平均の価格:1回約¥3,000~¥8,000
効果が期待できる回数:1回でも効果的

イオン導入は、導入する成分に微弱な電流を利用することで導入成分をお肌の表皮~真皮上層まで届けることができます。導入する成分はビタミンCやプラセンタ、成長因子などがあり、お肌の新陳代謝向上とコラーゲンの生成を促すことができます。


4 たるみ毛穴の予防

たるみ毛穴を増やさないための日常生活でできる予防法を紹介します。小さな積み重ねですが、1年後5年後には大きな差がつくのがエイジングケアです。ぜひ意識してみてください。

4-1 表情筋を鍛える

たるみ毛穴の原因のところで説明しましたが、表情筋が衰えると、肌の土台が衰えることになり、肌表面にもしわやたるみが出て、毛穴もたるんでしまいます。表情筋を意識して使うようにするだけでも、よい顔の運動になります。デスクワークのあいまや、家事のあいまにもできる簡単なエクササイズを紹介します。

 

▼口や頰まわりの筋肉を鍛える

ほうれい線予防に最適なエクササイズです。

1.筋肉を思い切り動かし、顔全体をストレッチする感覚で口角をグーッと上げ、笑顔を作ります。
2.そのままの状態で510秒ほどキープします。
3.力を抜いて、楽な状態に戻します。
4.これを3セット繰り返します。

 

▼目元の筋肉を鍛える

目尻のシワや目元のたるみ予防に効果的なエクササイズです。

1.両目を大きく見開きます。
2.そのまま眼球を上下や左右に動かします。
3.ギュッと目を閉じたり、大きく開いたりといった動きを繰り返します。

4-2 生活習慣を見直す

美容のケアをしている時間よりも、通常に生活している時間のほうが長いものです。つまり日常生活の習慣を見直して、原因を取り除くことは大きな予防になります。たるみ毛穴をつくらない生活習慣を以下にまとめます。

・正しい姿勢を心がける

 

PCやスマートフォンから発せられるブルーライトは紫外線並みに強力に肌に影響を与えることがわかっています。ブルーライトはシミだけでなく、肌を酸化させて老化を促進させる活性酸素の生成の原因にもなると言われています。なにより、ブルーライトは真皮より奥の深部にまで到達し、活性酸素の中でも最も強力に細胞を破壊する「一重項酸素」の産生を促すこともわかっています。

PCやスマートフォンを長時間使う人は、こまめに休憩をはさんだり、ブルーライトカット効果のある化粧品やめがねの使用がおすすめです。

・喫煙を控える

タバコを吸うことで活性酸素が発生すると、体内のビタミンCが破壊されます。ビタミンCはコラーゲンの生成に必要で、肌のハリや弾力を維持するのに欠かせません。ビタミンCが不足するということはコラーゲンの生成不足によるたるみを促進させる大きな原因になってしまいます。また喫煙すると血行が悪くなり、栄養や酸素が不足がちになります。毛細血管を通じて肌への栄養が届かなくなり、新陳代謝が低下すると、くすみやくま、たるみができやすくなってしまいます。長期間の喫煙は、肌に多大な悪影響を与えてしまうことを覚えておいてください。

・ストレスをためない、発散する

ストレスにより生じる神経伝達物質サブスタンスPがコラーゲンを作り出す繊維芽細胞と結合すると、コラーゲンの生成を抑制する働きがあることが明らかになりました。 コラーゲンは肌の土台であり、肌の弾力の元であるため、これが減少するということは肌内部から崩れてたるみやすくなり、それに伴い毛穴も開きがちになります。ストレスをためないよう心がけ、またストレスを感じたときは趣味などで上手にストレスを発散しましょう。

・栄養バランスのとれた食生活を心がける

バランスのとれた食生活を送ることが第一ですが、具体的な食材も紹介します。

たるみ毛穴におすすめなのは、鶏もも肉、卵、キウイ、アボカドなどです。コラーゲンの元になり、お肌に栄養を行き渡らせる効果、紫外線、喫煙で増えた活性酸素を予防、抗酸化作用で血液の循環を良くし皮膚再生を促す効果などが期待できます。

たるみ毛穴に良くない食べ物はアルコールとファーストフードです。アルコールは、ビタミンBCの抗酸化作用を邪魔してしまいます。ファーストフードは塩分が高く、摂りすぎると水分が減少してしまい乾燥肌の原因になります。ハリがなくなる、皮脂分泌が過剰になり、毛穴が目立つことにも繋がります。


5 たるみ毛穴を隠すメイク方法

たるみ毛穴があってメイクする場合、ベースメイクでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

たるみ毛穴が目立たないメイク方法を紹介します。

たるみ毛穴がある場合、自分の肌色よりも少し明るめの色の下地やファンデーションを選びましょう。毛穴はまさに「穴」なので、その影を明るい色でカバーすることが重要です。

また、乾燥を防ぐよう保湿力のあるものを選んでください。下地もファンデーションも塗る際は少なめに顔全体に(中心から外側に向かって)伸ばした後、毛穴が目立つ部分には軽く叩きこむようになじませてください。

たるみ毛穴の場合、こめかみ部分を引っ張ると毛穴が引き上げられて見えにくくなります。その状態で下地を下から上へと塗りこむと、より毛穴が目立ちにくくなります。

その後やさしくティッシュオフし、肌になじませましょう。


6 まとめ

たるみ毛穴について以下にまとめます。

・たるみ毛穴は肌の加齢や水分不足で肌組織の量の低下やゆるみ、さらに重力に逆らえずに毛穴が下にひっぱられ、楕円形や涙型に目立つ毛穴である。

・根本的にたるみ毛穴を改善するには、クリニックで真皮や筋肉に働きかける必要がある。

・たるみ毛穴の原因は加齢のほか日常生活の習慣がほとんどなので、日ごろから気をつける必要がある。

この目立つ毛穴は加齢によるもの・・・とあきらめる前に、まず自分の生活でできそうなことから取り組んでみてください。肌は手をかければその分応えてくれるものです。それでも毛穴が気になる・・いうときはクリニックでの専門的な治療も視野にいれてみましょう。クリニックではセルフケアやエステよりもアグレッシブな治療が可能です。