おすすめ記事

【目の下のたるみ整形】-10歳を実現する4つの術式を徹底解説

目の下のたるみ

鏡や自分が写ったガラスを見るたび、暗い印象に見える「目の下のたるみ」気になっていませんか?

目の下のたるみの症状は、生まれつきに起こりやすい骨格の人や、加齢による症状など、様々な年齢層の方がお悩みを抱えています。もちろん、女性、男性関係なく発症する症状です。

今回は、目の下のたるみを整形しようと考えている方に、美容クリニックで行う施術方法を詳しくご説明していきます。

目の下のたるみを美容外科で治療すれば、必ず改善することが出来ます。お悩みを解消して、鏡を見ることが楽しみになるような生活にしませんか。整形を検討されている方は、是非参考にしてみて下さい。


1 目の下のたるみ整形とは美容医療で治療を行うこと

『整形』というと、一般的にイメージされるのは二重整形や鼻整形といった、外科手術で形を美しく形成する施術を思い浮かべますよね。ご紹介するのは、二重整形や鼻整形とは少し異なる「治療」するイメージ。「目の下のたるみ」の症状が、発症する前の姿に形成をする方法をご紹介します。この治療は、保険診療が適応される“疾患”ではないですが、多くの美容クリニックで目の下のたるみを治療する術式が用意されています。

目の下のたるみを治療すると、症状は必ず改善させることが出来ます。下記の写真は実際に適応施術で治療を行った方の写真です。たるみを解消することによって、年齢の印象が-10歳ほど若く見えませんか?とても華やかで明るい目元になります。

黒クマ


2 『目の下のたるみの症状』によって術式が変わる

「目の下のたるみ」は、4つの症状に分かれます。それぞれの症状に適応する、最適な術式で治療を行うことが重要です。以下が一覧の表になります。

術式 表

上記の術式の他に、脂肪注入やヒアルロン酸注入を組み合わせて形成するクリニックもあります。施術方法の内容に関しては、3章で詳しく解説していきます。 

章の冒頭でもお伝えした通り、イセアクリニックでは、それぞれの症状に合わせた最適な術式を用いて治療を行うことが重要だと考えています。それは、当たり前のことように感じますが、現状の美容医療では、様々な美容クリニックの見解があり、治療方針が全く異なります。例えば、一つの術式だけを推奨している場合、その術式での治療が当てはまらない(最適ではない)症状であれば、改善することは不可能ですよね。また、逆にたるみの原因となっていない箇所に処置を行っても意味がありません。必要な箇所に最適な施術だけを行うことで、身体や費用面での負担をなくす治療方法を選択することが大切です。

2-1 目の下のたるみの4つの症状

以下が異なる4つの症状の特徴と原因です。自分がどの症状に当てはまるか確認をしてみてください。

目の下の脂肪(眼窩脂肪)のふくらみ

脂肪のふくらみ

[症状]
目の下が膨らんでいる状態。ふくらみが影になって黒クマができている。
[原因]
眼球を支える筋肉(眼輪筋)が衰え、眼球が下部に下がることで、眼窩脂肪が前に突出しいることが原因。
[術式]
下眼瞼脱脂術結膜法(かがんけんだっしじゅつ)

 

目の下の皮膚のたるみ、シワ

シワ

[症状]
目の下の皮膚がたるんでいる状態。目の下の皮膚のシワになっている。
[原因]
加齢により、皮膚のハリがなくなり皮膚が余って皺になっていることが原因。
[術式]
下眼瞼除皺術(かがんけんじょすうじゅつ)

 

眼窩脂肪のふくらみと皮膚のたるみ、シワ

シワ・ふくらみ

[症状]
上記二つの症状が併発している複合症状。眼窩脂肪のふくらみと皮膚のたるみがある。
[原因]
上記二つの症状の原因から。
[術式]
下眼瞼脱脂除皺術

 

眼窩脂肪のふくらみと頬上部の凹み

凹み

[症状]
上記の眼窩脂肪のふくらみが原因で、頬上部が凹んでいる状態。皮膚のたるみが併発している場合もある。
[原因]
上記内容と、加齢により筋肉が衰え、皮膚のハリがなくなることによる頬の凹み
[術式]
ハムラ法(眼窩脂肪移動術)

 


3 外科治療で行う『目の下のたるみ整形』の術式

2章で記した術式をひとつひとつ説明していきます。施術を行うことで、若々しく華やかな印象の目元にすることができます。外科手術の内容なので、恐怖心を持たれる方も多いと思いますが、一度治療を行えば、必ず効果を得ることができるので、お悩みの方も是非参考にしてください。

3-1 下眼瞼脱脂術(経結膜法)(目の下の脂肪のふくらみの症状)

黒クマ

概要

目の裏側の結膜(アッカンベーをした時に見える赤い部分)の部分にメスを入れ、原因となっている突出した眼窩脂肪を取り除く方法。

費用

270,000円(税込)

所要時間

30分~1時間

来院回数

4回(カウンセリング➡施術当日➡1ヵ月検診➡3ヵ月検診)

ダウンタイム

1~2週間 ※術後3日間は患部をテープで固定。個人差はありますが、腫れや内出血が出る場合があります。完成までに3ヵ月程度かかります。

リスク

血腫、感染など

※上記内容は、当イセアクリニックでの内容をもとに記しておりますので、他のクリニックと価格や来院回数が異なります。参考にご覧ください。

この術式は、見える箇所には傷跡が残らないのが特徴です。それは、下まぶたの裏側の結膜を切開する方法だからです。

痛みに関しては、基本的に局所麻酔(希望により表面麻酔、笑気麻酔)を使用する為、術中は感じません。術後、鈍痛を感じる場合がありますが、目が使えない程の痛みはほとんど無いといえるでしょう。

この施術で起こりうる失敗(好ましくない結果)は治療箇所の「くぼみ」です。眼窩脂肪を摘出する際に、脂肪をとりすぎてしまうことが原因。施術を行う医師が、最適な量を調整して摘出する技術があるかがポイントになります。目の下のたるみの治療で用いられる術式は、美容外科で行う手術の中でも非常に難易度が高いです。経験があり、信頼をおける医師に施術を任せることをおすすめします。

<下眼瞼脱脂術の術後の注意点>
・腫れや熱を落ち着かせる為に、術後2~3日までアイスノンなどで冷やして下さい。
・患部に刺激を与えない為にコンタクトレンズは基本1週間使用できません。
・患部が炎症を起こす可能性がある為、飲酒・喫煙は基本1週間できません。
・手術当日は、目が疲れるような読書やPC、スマホの操作、テレビ鑑賞を控え、ゆっくり休む必要があります

+αの注入について

現状の美容クリニックでは、それぞれのクリニックで見解が異なると上記で記しましたが、「脂肪注入」や「ヒアルロン酸注入」、「PRP皮膚再生医療」を行うかが大きく異なる点です。

注入を行うクリニックは、眼窩脂肪をとった後に、注入をすることで治療箇所を美しく形成する方法として推奨されています。下眼瞼脱脂術を用いて、摘出できるすべての眼窩脂肪取り除き、くぼんだ部分に注入を行うことで、くぼみができないふっくらとした目の下を形成します。

注入を行わないクリニックは、摘出する眼窩脂肪を最適な量に調整することによって、美しく形成します。さらに、注入の施術自体に伴う、身体に対するリスクや費用の負担を軽減する考えのもと推奨しています。

当イセアクリニックは、後者の見解です。目の下のたるみ治療において、注入を用いる治療メニューはありません。

3-2 下眼瞼除皺術(目の下の皮膚のたるみ、シワの症状)

概要

下まつげのすぐ下を切開、皮膚と眼輪筋(眼球を支える筋肉)を剥離し、余っている眼輪筋と皮膚を切除し縫合する方法。

費用

270,000円(税込)

所要時間

1時間

来院回数

5回(カウンセリング➡施術当日➡抜糸(5~7日) ➡1ヵ月検診➡3ヵ月検診)

ダウンタイム

2週間~1ヵ月 施術1週間後の抜糸までは、糸が見えている状態で、さらに術後3日間は患部をテープで固定します。個人差はありますが、腫れや内出血が出る場合があります。完成までに3ヵ月程度かかります。

リスク

血腫、感染など

※上記内容は、当イセアクリニックでの内容をもとに記しておりますので、他のクリニックと価格や来院回数が異なります。参考にご覧ください。

この術式は、下まつげのすぐ下を切開し縫合する方法なので、傷跡が見える位置に残りますが、ほとんどわからない程度に薄くなります。化粧をしたり眼鏡をかけている状態であれば、完全に隠すことが可能といえます。

下眼瞼除皺術イラスト

下眼瞼脱脂術と同様、痛みに関しては基本的に局所麻酔(希望により笑気麻酔、表面麻酔を使用可能)を使用する為、術中は痛みを感じることはありません。術後、鈍痛を感じる場合は、痛み止めを服用すれば抑えることが可能です。

この術式の失敗(好ましくない結果)は下眼瞼の外反です。下眼瞼の外反とは、下瞼が反り返りアッカンベーをした時の状態。粘膜が眼球から離れてしまうことで、ドライアイになる可能性があります。皮膚を切除しすぎてしまった場合の失敗により、起こりうる症状です。

上記でも記しましたが、失敗を起こさない為にも、術式に対し医師の技術が伴っているかを見極めて施術を行うことが重要です。

<下眼瞼除皺術の術後の注意点>

・腫れや熱を落ち着かせる為に、術後2~3日までアイスノンなどで冷やして下さい。
・患部に刺激を与えない為にコンタクトレンズは基本1週間使用できません。
・患部が炎症を起こす可能性がある為、飲酒・喫煙は基本1週間できません。
・手術当日は、目が疲れるような読書やPC、スマホの操作、テレビ鑑賞を控え、ゆっくり休む必要があります。
・基本的に抜糸まで患部を濡らさないでください。アイメイクは抜糸までできません。

3-3 下眼瞼脱脂・除皺術(眼窩脂肪のふくらみと皮膚のたるみ、シワの症状の方)

概要

下まつげのすぐ下を切開、皮膚と眼輪筋(眼球を支える筋肉)を剥離し、突出している眼窩脂肪を取り除いたのち、余っている眼輪筋と皮膚を切除、縫合する方法。

費用

378,000円(税込)

所要時間

1時間

来院回数

5回(カウンセリング➡施術当日➡抜糸(5日~7日) ➡1ヵ月検診➡3ヵ月検診

ダウンタイム

2週間~1ヵ月 施術1週間後の抜糸までは、糸が見えている状態で、さらに術後3日間は患部をテープで固定します。個人差はありますが、腫れや内出血が出る場合があります。完成までに3ヵ月程度かかります。

リスク

血腫、感染など

※上記内容は、当イセアクリニックでの内容をもとに記しておりますので、他のクリニックと価格や来院回数が異なります。参考にご覧ください。

上記に記載した、下眼瞼脱脂術と下眼瞼除皺術の組み合わせ治療になります。異なる点は、下眼瞼脱脂術(経結膜法)の場合、目の裏側の結膜からメスを入れ眼窩脂肪を取り除く方法ですが、この術式では、下まつげのすぐ下を切除し、皮膚と眼輪筋を剥離、そのまま突出している脂肪を取り除く術式です。

眼窩脂肪のふくらみと、皮膚のたるみの複合症状の方が適応の術式になります。複合症状の場合、特に目元が老けた印象でお悩みの方は多いのではないでしょうか。施術を行うことで、ハリのある若々しい印象にがらりと変わることが出来ます。

その他、失敗(好ましくない結果)や注意点に関しては、下眼瞼除皺術と同じ内容になりますので、上記をご覧ください。

3-4 ハムラ法 (眼窩脂肪のふくらみと頬上部の凹み)

概要

下瞼を切開し、目の下の脂肪を移動させることで、脂肪による膨らみを目立たなくし、頬上部の凹みをふっくらと均す施術方法。

費用

378,000円(税込)

所要時間

1.5時間

来院回数

5回(カウンセリング➡施術当日➡ 抜糸(5~7日)➡1ヵ月検診➡3ヵ月検診)

ダウンタイム

2週間~1ヵ月 施術1週間後の抜糸までは、糸が見えている状態で、さらに術後3日間は患部をテープで固定します。個人差はありますが、腫れや内出血が出る場合があります。完成までに3ヵ月~6カ月程度かかります。

リスク

血腫、感染など

※上記内容は、当イセアクリニックでの内容をもとに記しておりますので、他のクリニックと価格や来院回数が異なります。参考にご覧ください。

ハムラ法とは、眼窩脂肪を摘出せずに移動をすることで、ふくらみや頬上部の凹みを平らにならす方法です。術後完成すると、顔全体がふっくらと健康的で、はつらつとした印象になります。イセアクリニックでは、下瞼のすぐ下を切開する方法ですが、目の裏側の結膜(経結膜)からメスを入れ方法もあります。この方法を用いた術式を「トラコンハムラ法(経結膜的移動術)」と呼びます。(以下の図はハムラ法です。)

ハムラ

非常にまれではありますが、ハムラ法で脂肪を移動する際に神経を触ってしまい、神経麻痺を起こしたり、物が二重に見えたりする症状が起こりうる可能性があります。また、眼窩脂肪を移動することによって、涙袋の形が変わってしまうという失敗(好ましくない結果)もあります。

ハムラ法も、トラコンハムラ法も非常に難しい術式になるので、医師の経験と技術が重要になります。ハムラ法を希望する際は、医師としっかりカウンセリングを行い、不安に感じる点などはきちんと説明を受けたうえで、クリニックや医師を選んでください。

<ハムラ法の術後の注意点>
・腫れや熱を落ち着かせる為に、術後2~3日までアイスノンなどで冷やして下さい。
・患部に刺激を与えない為にコンタクトレンズは基本1週間使用できません。
・患部が炎症を起こす可能性がある為、飲酒・喫煙は基本1週間できません。
・手術当日は、目が疲れるような読書やPC、スマホの操作、テレビ鑑賞を控え、ゆっくり休む必要があります。
・基本的に抜糸まで患部を濡らさないでください。アイメイクは基本的に抜糸までできません。


4 【メスを入れない】医療機器を用いた目の下たるみ整形

3章ではメスを用いた外科手術をご紹介しましたが、この章では、メスを使わずに行う施術方法をご紹介します。以下の表が、症状に対し最も効果的な医療機器です。

症状

目の下の脂肪のふくらみ

皮膚のたるみ 頬の凹み

機器

アグネス

ウルセラ

概要

眼窩脂肪に針先から高周波が出力されるミクロの針を刺し、脂肪に直接エネルギーを加えることによって、脂肪が蒸散・収縮し、ボリュームダウンにつながる。

HIFUと呼ばれる超音波エネルギーを使った方法で、円すい状にエネルギーが出力され、焦点を結ぶ部分がギュッと収縮し即時的なリフトアップをするため、皮膚のたるみに効果的です。

合併症状の場合は、上記のアグネスとウルセラを組み合わせた施術方法があります。皮膚のたるみにアプローチを行う機器は、ウルセラの他にもありますが、ウルセラが現状の医療機器の中で、最も効果があるといわれています。

4-1 アグネス(目の下の脂肪のふくらみ)

アグネス目の下 症例

概要

針先から高周波(RF)が出力されるミクロの絶縁針を用いてたるみの原因となる脂肪へ直接アプローチする方法

費用

249,800円(税込)(目の下の脂肪3回)

所要時間

1時間

来院回数

3回 (施術回数に準じます。検診はありません)

ダウンタイム

2週間 内出血、紅斑、あざなどの症状が出ます。施術当日は、患部をテープで固定します。

リスク

なし

※上記内容は、当イセアクリニックでの内容をもとに記しておりますので、他のクリニックと価格や来院回数が異なります。参考にご覧ください。

アグネスとは、目の下の脂肪に直接アプローチを行うことができる医療機器です。ミクロの針先から高周波(RF)が出力され、脂肪を燃焼することによって収縮し、ボリュームダウンにつながります。症状の度合いによって変わりますが、大体の方は3回の施術で症状の改善が見られます。

治療間隔を1ヵ月~3ヵ月以上開ける必要がある為、期間を3ヵ月と記していますが、最短の治療期間となりますので、治療スケジュールは医師の診断によって異なります。

痛みに関しては、針を刺すときのチクリと刺す痛みと、電気を流して高周波を流す際のピリッとした痛みを感じますが、基本的に局所麻酔(注射の麻酔)を使用するので、痛みを緩和することができます。症状の原因となる脂肪を直接摘出する、外科的処置に比べて、効果に個人差はありますが、メスを使わずに行うことができるので、外科的処置よりダウンタイムの症状も軽く(症状も個人差があります)外科手術に抵抗がある方におすすめの施術方法です。

<アグネス施術後の注意点>
・処置部分へマッサージは、1週間は避けてください。
・赤み・熱感・痛みが数日続く場合は、必ずクリニックに連絡をしてください。
・患部はばい菌が入ると炎症を起こす可能性がある為、清潔を心がけてください。
・シャワーは当日から、入浴は翌日から、サウナ・プールは1週間後からです。
・処置部位が乾燥しないよう、常に保湿を心がけてください。

4-2 ウルセラ(目の周り)

ウルセラ症例目元

概要

HIFUと呼ばれる超音波エネルギーを使った方法で、円すい状にエネルギーが出力され、焦点を結ぶ部分がギュッと収縮し即時的なリフトアップをするため、皮膚のたるみに効果的です。

費用

120,000円(税込)(目周りのたるみ1回)

所要時間

1時間

来院回数

1回 (施術回数に準じます。検診はありません)

ダウンタイム

なし

リスク

火傷、神経麻痺

※上記内容は、当イセアクリニックでの内容をもとに記しておりますので、クリニックによって価格や所要時間が異なります。参考にご覧ください。

ウルセラは、超音波エネルギーを用いて治療を行う機器です。
超音波エネルギーが円すい状に出力され、焦点を結ぶところだけが高温になり組織に働きかけます。照射した組織は、ギュッと収縮し、即時的なリフトアップに繋がる為、目の下のたるみ治療で効果的な治療方法として用いられます。

照射をしてから、2~3ヵ月かけて徐々にあらわれ、治療後6カ月~1年までリフトアップ効果が続きます。

ウルセライラスト

痛みに関して、感覚に個人差はありますが、照射するときに多少痛みを感じる可能性があります。基本的に麻酔クリームを使用してからの照射になりますので、痛みを緩和することができます。

エネルギーの出力が高いと痛みを感じやすくなりますので、エネルギー量を調整しながら照射をしていきます。痛みが不安な方は笑気麻酔(笑気ガスを吸引して感覚を麻痺する麻酔)を使用することも可能です。(クリニックによって異なりますので、相談をしてください)

ダウンタイムもなく(まれに赤みや腫れの症状が出る方はいらっしゃいますが、1日~2日で治まります)当日にメイクをすることも可能です。目の下のたるみの原因となる、余った皮膚を取り除く外科手術に比べて効果に個人差は生じますが、現状の美容医療で、最も皮膚の深い層(筋膜)にアプローチを行う為、効果に期待ができる医療機器です。

<ウルセラ施術後の注意点>
・1カ月以内に、施術部位にコラーゲン注入やボトックス、糸の施術をされた方は照射ができない可能性がありますので、相談してください。
・違和感(しびれなど)が続くときや症状に不安がある際はクリニックに相談してください。
・照射後の色素沈着予防のために、紫外線対策を行ってください。
・飲酒は翌日より可能です。

イセアクリニックの「切らずにトライ」プラン

イセアクリニックでは、上記のアグネス治療とウルセラ治療、さらに目の下のたるみの症状に効果がある”タイタン””ジェネシス”を組み合わせて、
メスを使わずにおこなう治療プログラム「切らずにトライ」プランをご用意しています。

 


5 「目の下のたるみ整形」はクリニック選びが大切

上記でも記しているように目の下のたるみ治療は、美容外科の施術の中でも、非常に難しい術式になります。

クリニックを選ぶうえで、価格や場所など、ポイントは人によって異なるとは思います。悩みを解消する為に、クリニックで施術を受けても、失敗したり、思い通りに完成しなかったら困りますよね。必ず、信頼をおけるクリニックで施術を受けて下さい。

以下に挙げるのは、目の下のたるみ治療を受けるにあたって、クリニック選びのポイントにしていただきたい内容です。参考にしてみて下さい。

・実績と信頼のある医師がいること
・痛みに対して、麻酔や鎮痛剤などきちんと用意がされている
・注入をするか、しないか、どちらの方法を選択するか(3-1下眼瞼脱脂術(結膜法)参照)
・その他、保証内容がしっかり用意されている

 

イセアクリニックの場合

 

目の下のたるみ治療で用いる外科的処置において、「安心の半年間再手術無料保証」がついています。術後半年間の間に、効果にご満足いただけない場合は、無料で再手術を受けることが可能です。効果に自信があるからこそできる保証です。

さらに、麻酔の料金は術式ごとの金額に含まれており、術後のダウンタイムを考慮した交通費補助として、タクシーチケットをお渡ししています。

目の下のたるみでお悩みの方は、是非ご検討ください。


6 まとめ

今回は、目の下のたるみの整形に関する内容を徹底的に解説しましたが、いかがでしたでしょうか。ポイントは以下になります。

・目の下のたるみの整形とは、美容クリニックでの治療を行うこと
・目の下のたるみは、4つの症状分かれており、それぞれの症状に対し、最適な術式を用いて治療を行うことが大切である。
・目の下のたるみ治療で用いられる術式は、美容外科の施術方法の中でも、難易度の高い術式だからこそクリニックや医師選びを慎重に行うこと

目の下のたるみは、改善すると顔の印象が一気に華やかで若々しくなります。ダウンタイムは決して短く感じない方もいるかと思いますが、治療をすることで鏡を見るのが楽しみな毎日を送ることが出来ます。

ぜひ、お悩みを解消して明るい表情で毎日を過ごしてくださいね。