幅を狭くするのは難しい!?全切開の修正をする前に知っておきたい全て

埋没法を何度もやり直すことに疲れ、覚悟を決めて切開法で二重にしたあなた。せっかく決断をして切開に踏み切ったのに、いざ手術を受けると「もっと広い幅が良かった」「もっと狭い幅が良かった」「左右差がある」「失敗された…」など後悔をしている方もいるでしょう。

二重整形のうち、埋没法は何度もやり直せる方法ですが、半永久的にとれない全切開を修正することはできるのでしょうか?

結論から申し上げますと、全切開法の修正自体は可能です。ただし、一度メスを入れている以上、思い通りの仕上がりになる可能性は高くはありません。何故なら、手術を受けた分だけ傷は増えますし、切開法は半永久的に取れない分修正にはドクターの技術と経験が必要です。

この記事を読めば、全切開の修正方法やクリニックの選び方など、全切開法の修正に関する全てがご理解いただけるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

 


1 全切開を修正したいと思ったら

全切開の手術を受け、仕上がりに不満をお持ちの場合、真っ先に考えるのが修正手術なのではないでしょうか。「もっと幅を広くすればよかった」「もっと幅を狭くすればよかった」「左右差を揃えたい」など、人によって様々なご希望があるかと思います。

例えばこちらの患者様の場合、

症例

全切開の手術を受けたけれども、内側の幅をもっと広げたいということで修正手術を希望されました。このように、全切開の修正手術は可能な場合もありますが、事前に確認しておくべき3つのことがあります。

 

1-1 リスクやデメリットがあることを理解する

修正手術を受ける前に念頭に置いていただきたいのは、全切開の修正にはリスクやデメリットが伴うということです。

 

  • 理想通りの仕上がりにならない可能性がある

初めて全切開の手術を受ける時よりも、修正手術を受けた時の方が仕上がりが綺麗になるということはありません。例えば、全切開の手術を受ける前のまぶたを「まだ絵の描かれていない白いキャンバス」としましょう。白いキャンバスには自由に絵を描くことができますが、すでに絵が描いてあるキャンバス(手術をしているまぶた)の上に新たな色を重ねることや、その色を落とすというのはとても難しいことなのです。また、人の描いたキャンバス(他院で手術を受けたまぶた)では、どのような絵の具が重なっているかもわかりませんのでさらに難しくなります。

そのため、理想通りの仕上がりにならない可能性もあるということを念頭においてください。

  • 傷が増える可能性がある

全切開法はまぶたにメスを入れる手術ですので、手術の数だけ傷が増える可能性があります。ただし、傷跡は年月が経過すれば白っぽくなり、だんだん目立たなくなってメイクでごまかせる程度になります。

 

1-2 術後半年は様子を見る

修正を希望してクリニックに連絡しても、手術を受けてから半年以内であれば、「半年は様子を見た方が良い」と言われる可能性があります。何故なら、全切開は術後腫れたり引いたりを繰り返し、完全に二重幅が安定するまでに約半年を要するからです。その間は想定よりも幅が広かったり、左右で腫れ方に違いがある可能性もありますし、そのような状態で修正手術をしても仕上がりの予測がつきにくいため、より良い仕上がりを望むのでしたら半年は様子を見ることをおすすめします。

 

1-3 最初に手術を受けたクリニックに連絡するのが望ましい

半年経ってもどうしても修正手術を受けたいと思ったら、まずは最初に手術を受けたクリニックに連絡し、担当ドクターのカウンセリングを受けましょう。担当のドクターであれば、その手術でどういった方法を取っていたのかが分かり、対処しやすいからです。また、クリニックによっては明らかな左右差がある場合などに無料で再手術できることもありますので、まずは手術を受けたクリニックに相談することをおすすめいたします。

しかし、中には手術を受けたクリニックで嫌な思いをしたり、どうしても別のドクターにお願いしたいという場合もあるかと思います。そういった場合は他院修正を受け入れているクリニックを複数受診し、信頼できるドクターを探して修正手術を受けましょう。クリニックの選び方については5章でご説明していきます。

これらを考慮した上で、「やっぱり修正手術をしたい!」と思った時、具体的にどのような方法で修正するのか、次の章でご紹介していきます。

 


2 お悩み別修正方法

全切開の修正を検討されている方の中でも、お悩みは人によって様々です。この章では、お悩み別に修正方法をご説明していきます。

2-1 二重幅を広くしたい人

前回の二重のラインより上を切開し、前回の手術の癒着を鋏で外します。まぶたの皮膚と瞼板を縫合し、新しい二重のラインを作ります。前回の二重ラインと、新しい二重ラインの2本の傷跡が残ります。

または、二重のラインの上の皮膚を切除して幅を広くする方法もあります。

2-2 二重幅を狭くしたい人

幅を狭くするのは、幅を広げるよりも困難です。

前回の二重のラインを含めた皮膚を切除し、まぶたの皮膚と瞼板を縫合します。ただし、皮膚を切除しすぎると目を閉じられなくなる可能性もあります。このため、あまりに広い幅の二重の場合は希望する幅まで狭められないこともあります。皮膚を切除せずに新しいラインを作ると三重になる可能性もあります。

ただし、全切開による二重は完成まで36か月程度かかります。それまでは腫れによって幅が広く感じるという場合もありますので、修正手術を検討するのは術後6か月以上経過してからが望ましいでしょう。

また、年齢とともにまぶたの皮膚がたるみ、二重の幅が狭くなることもあります。

2-3 ラインがガタついてる人

二重のラインがガタついている場合は、再度切開をし前回の手術の癒着を鋏で外し、再度まぶたの皮膚と瞼板を縫合します。または、ガタついているラインを切除することもあります。

ただし、術後半年が経過していない場合は、経過とともにガタつきが改善される場合もあります。

2-4 デザインを変えたい人

「平行型二重を希望したのに末広型二重になった」という場合であれば、目頭切開(目頭にある蒙古襞(もうこひだ)を取り除くこと)をすることで平行型二重に近づけられる可能性があります。ただし、目頭切開をしても平行型二重にならない人もいます。

2-5 傷跡が目立つ人

傷跡が目立つ場合、まぶたの皮膚に余裕があれば傷の部分を切除し、縫合しなおします。余裕がなければ傷跡自体の修正は難しいです。

 


3 全切開の修正をする際の注意点

1章でご紹介した「理想通りの仕上がりにならない可能性がある」「傷が増える」といった点以外に、全切開の修正手術を受ける際に注意すべきことについてご説明していきます。

 

  • ダウンタイムが長引く可能性がある

まぶたにメスを入れるということは、皮膚に傷をつけることになります。修正手術によってさらに傷をつけると、まぶたはかなりのダメージを伴います。そのため、初めて全切開の手術を受けた時よりも修正手術の方が回復に時間がかかり、ダウンタイムは長引く傾向にあります。

  • 再手術には新たに費用が発生する可能性がある

明らかな左右差やがたつきの場合であれば無料で再手術をするクリニックもありますが、「思っていたイメージと違う」「実際にやってみたら似合わなかったので直したい」など個人的な理由と捉えられる場合は新たに手術料金が発生することもあります。
当イセアクリニックでは、万が一仕上がりにご満足いただけなかった場合、患者様の個人的な希望であっても無料で修正手術をいたします。(再手術の保証は全切開の手術が初めての方が対象であり、保証期間は術後3か月が経過してから1か月以内に限ります。)

  • 全切開の修正を埋没法で行うことは困難

全切開で作った二重は、まぶたの皮膚と瞼板が癒着した強いラインになります。埋没法の糸で留めたラインよりも全切開で作ったラインの方が強く出るため、切開法で作ったラインは切開法で修正することが望ましいです。

 


4 全切開の修正の費用

都内7院の美容外科クリニックにおける通常の全切開の料金と、全切開の修正手術の料金を比べてみましょう。(20181月現在サイト上調べ)(両目/税込)

クリニック

全切開の料金

全切開の修正手術の料金

湘南美容外科クリニック

¥191,560

問い合わせ

高須クリニック

¥270,000

問い合わせ

もとび美容外科クリニック

¥289,440

¥408,240~

イセアクリニック

¥322,000

¥400,000

ヴェリテクリニック

¥324,000

¥388,800

プリモ麻布十番クリニック

¥324,000

\388,800~

山本クリニック

¥399,600

¥540,000

このように、通常の全切開よりも全切開修正の料金の方が高額なクリニックが多いことがわかります。それだけ全切開の修正手術は難易度も高く、ドクターの高い技術が必要となります。

 


5 クリニックの選び方

全切開の修正は、できれば全切開の手術を受けたクリニックに相談することが望ましいですが、どうしても他のクリニックで修正したいという場合、どのようなクリニックを選ぶべきなのかをご説明していきます。

 

  • 他院修正を受け入れているクリニックを選ぶ

全切開の修正手術は非常に難易度が高い手術であり、修正手術そのものを受け入れていないクリニックも少なくありません。他院修正を積極的に受け入れているクリニックを複数受診し、前医は関係なく責任をもって治療をしてくれるドクターを選びましょう。

  • 症例数の多いドクターを選ぶ

全切開の修正手術はドクターの経験と技術が非常に重要です。どれくらい修正手術の経験があるのかがわかると安心です。また、ご自身のイメージがしっかりと伝わり、信頼して任せることができるドクターなのか、人柄や話しやすさなども確認しておきましょう。

 

当イセアクリニックでは、できるだけ悩んでいる患者様の力になりたいと考えており、あなたに最良の方法をご提案いたします。修正についてお悩みでしたら、一度カウンセリングにお越しください。


6 まとめ

いかがでしたか?全切開の修正は、前回の二重ラインよりも幅を広げる場合であれば可能ですが、幅を狭める手術は難しいことがあります。修正手術を検討する際は、手術から半年以上経過し、完全に腫れが引いてからにしましょう。手術の度に傷は増えますし、手術を何度も繰り返すことで仕上がりが綺麗にならないこともあります。修正手術は慎重に考え、信頼できるドクターに手術をしてもらいましょう。

あなたが理想の二重を手に入れ、素敵な毎日を過ごせることを願っております。

 

目元の整形のカウンセリングは無料です。

目元の整形は、ドクターの経験・技術だけでなく、ドクターとのコミュニケーションが重要です。

イセアでは、ドクターが患者様のイメージを正確に汲み取り、患者様が術後の仕上がりをイメージしやすいようなカウンセリングを心掛けています。あなたの目のお悩み、なりたい目のイメージをお聞かせください。

カウンセリングは無料ですので、まずはお気軽にご予約ください。