目指せ美肌!美容クリニックで光を浴びる「フォトフェイシャル」とは?

フォトフェイシャル

エステや家庭用の美顔器でも、たまに目にする「フォトフェイシャル」。
「フォトフェイシャル」という言葉は知っているけど、それが一体何かわからない!という方も多いのではないでしょうか。

フォトフェイシャルとは、正式には美容クリニックで施術を受けることができる医療機器のことです。シミの治療に効果的で、シミ以外にもハリやキメ、くすみ、ニキビ跡や肌の赤みなど、様々な症状の治療に用いられます。

しかし、一般的に認知されている「フォトフェイシャル」は光治療をする方法として知られていますので、本記事では「フォトフェイシャルを使用した光治療の方法」としてご紹介させて頂きます。

では、実際に目にするエステや家庭用のフォトフェイシャルは一体何なのでしょうか。今回はそんな家庭用美顔器やエステで用いられるフォトフェイシャルの違いから、フォトフェイシャルの効果や料金などを詳しくご説明します!

フォトフェイシャルに興味がある方や肌のトラブルにお悩みの方、美肌を目指している方は是非本記事をご覧になってください。 


1 フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとはIPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる光を使用し、優しく肌を照射する治療方法です。この光を浴びる事で、肌のターンオーバーを促し、シミ・そばかす・くすみ・色素沈着・赤みなどの肌トラブルの改善や、ハリ・ツヤ・美白を実感することができると言われています。

この「IPL(インテルス・パルス・ライト)」とは、幅広い種類の波長が集まった光のことです。この光はメラニンや血管の赤色、水分などに反応し、メラニン破壊する作用があるので、上記に記したような肌のトラブルや美肌効果が期待できるのです。

また、冒頭でも記述しましたが、正式に記すとフォトフェイシャルは医療機関で行う光治療(IPL光治療)のことです。しかも、「フォトフェイシャル」の名称は、ルミナス社というという医療機器メーカーが出している光治療機器のことを指し、それ以外のものは類似品であって「フォトフェイシャル」ではありません。本記事では、ルミナス社のフォトフェイシャルを使用するIPL光治療の方法について詳しく説明します。家庭用美顔器の名前についているものや、エステサロンで使用される光の施術のことは指しておりませんので、ご了承ください。

家庭用美顔器やエステサロンで提供される「フォトフェイシャル」とは

家庭用美顔器やエステサロンで提供される「フォトフェイシャル」(と呼ばれている光エネルギー機器)と、本来のフォトフェイシャルとの違いは、出力されるエネルギーの違いです。細かい違いについては不明ですが、単純に出力されるエネルギーが弱く、効果も実感しにくいと捉えてもよいでしょう。フォトフェイシャルの施術を受けられるなら、クリニックでの照射を選びましょう。

 


2 フォトフェイシャルの効果

フォトフェイシャルは大きくわけて2つの効果が期待できます。

①シミ・そばかす・ニキビ跡(色素沈着)といった疾患の改善
②ハリ・キメのUP・美白・くすみといった美肌効果

フォトフェイシャルがシミ・くすみ・そばかす・赤み・ニキビ跡(色素)・などといった疾患の改善に効果的といえるのは、主に色のあるもの(メラニンや色素沈着)などに反応する特性があるからです。

そばかす症例
また、フォトフェイシャルの光を照射することでハリやキメのUP・美白効果があると言われています。それは、フォトフェイシャルの光を浴びることによって、皮膚の真皮層に刺激を与え、コラーゲンの産生を促すので効果を期待することができるのです。

このように、フォトフェイシャルは様々な肌のトラブルを改善する効果が期待でき、肌の調子を上げることができるおすすめの治療方法です。

フォトフェイシャルとレーザーの効果の違い

幅広い波長で出力される光治療は、一つの波長で症状に直接働きかけるレーザー治療に比べて効果も緩やかです。

レーザーは出力するパワーも強いため、ダウンタイムや痛みを伴う可能性が高いですが、光治療は効果が緩やかな分ダウンタイムもほとんどなく、価格も比較的低価格なので続けて治療がしやすいという点はメリットと言えます。


3 フォトフェイシャルの仕組み

フォトフェイシャルで様々な症状の改善が期待できるのは、それぞれ作用する光の「波長」が異なる仕組みだからです。波長とは、簡単に説明すると「光の波の長さ」ことで、光の波の長さが長いほど皮膚の深層部まで届き、短いほど皮膚表面で作用しやすくなります。フォトフェイシャルは同時に複数の波長を出力することができ、出力可能な波長は5151200nmです。そのため、シミやそばかすなどの疾患治療や、ハリやキメのUPなどといった幅広い効果が期待できるのです。

それぞれの症状に効果的な波長は下記の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約500nm~600nm

シミ・そばかす・色素沈着・くすみなど

シミやそばかすなどは、皮膚の表皮や角質層にメラニン色素ができる事で起こる症状。
黒色メラニンに反応する為効果的といえる。

約600nm~800nm

赤ら顔・シミ・色素沈着

赤色へ作用する効果が高い。

少し深い位置にあるシミや色素沈着に作用することで症状の改善が期待できる。

約1000nm~1200nm

皮膚のハリ・弾力・キメ

真皮層の水分に働きかける。
エネルギーが届いた線維芽細胞からコラーゲン繊維やエラスチン増産が促され、効果が期待できる。

また、フォトフェイシャルの特徴はヘッドを交換することで、異なる症状に合わせて波長を選ぶことができます。515nm、560nm、640nm、695nmの5種類のフィルターを施術者が症状に合わせて選択をすることでより効果的な治療を行うことができます。

以上のことから、フォトフェイシャルの仕組みは幅広波長を出力することによって、様々な症状を改善することが出来るといえるのです。


4 フォトフェイシャルの料金

フォトフェイシャルの相場は、1回2万円~3万円ほどです。
フォトフェイシャルの効果は、1度でも、くすみが取れたり、メイクの変化を感じることができます。また、濃いシミやそばかすも1回薄くなる実感があります。回数を重ねてシミが改善されたり、ハリ感などがキープされます。
トライアル価格を設定しているクリニックもあり、トライアルでは1万5000円~2万円ほどです。トライアルに関しては、初回のお試しとして施術を体験することが目的のため、十分な出力で施術をしないケースもありますので、お気を付けください。


5 フォトフェイシャルの施術方法

フォトフェイシャルの施術方法を記していきます。

1 洗顔

フォトフェイシャルをする際には、クレンジングと洗顔でメイクを落としてから施術を行います。

2 専用のジェルを塗布

フォトフェイシャルの機器を肌に密着させるために専用のジェルを塗布します。

3 ヘッドを肌に密着させて出力する

施術自体は以上で、この後ジェルを落とすために洗顔をして終了です。

施術後はすぐにメイクをすることも可能です。
施術時間は全顔で10分~15分程度で、洗顔を合わせると所要時間は30分ほどです。

ゴムで弾かれるようなパチンとした痛みがありますが、痛みの強度はそこまで強くありません。基本的に麻酔は使用しませんので、痛みが不安な場合は相談してみましょう。出力を調整したり、声をかけながら施術を行っていくことで痛みを緩和します。


6 フォトフェイシャルの副作用やリスク

フォトフェイシャルの副作用やリスクは下記の通りです。

肝斑が悪化する可能性がある
照射を下からといって、確実に悪化するわけではありません。しかし、肝斑がある部分に間違ったエネルギーの強さで照射することで悪化する可能性があります。施術者が見極める技術が必要です。基本的に、医療機器なので医療従事者による判断で照射範囲や照射パワーを決定しますが、フォトフェイシャルの類似品を扱っているエステサロンには注意が必要です。(トラブルがあった時に医学的判断ができません)

熱傷
皮膚との接触面が何らかの原因で密着が不十分な場合や、ホクロなどの強い色素に照射、設定のミスや日焼けの後に肌に照射すると熱傷を起こす可能性が上がります。医療従事者の判断が重要になります。

色素沈着・色素脱失
熱傷をした後に色素沈着や色素脱失を起こす可能性があります。熱傷を起こさないためにも、施術を行う医療従事者の経験と知識が必要になります。

毛包周囲炎
万が一症状が出てしまった場合には炎症を抑える外用薬を塗布することで数時間~数日には治癒します。

照射直後からメイクができ、ダウンタイムが少ない治療方法ですが、これらのリスクや副作用の症状が起こりうる治療方法です。上記でも記したように、フォトフェイシャルは医療機関でしか取り扱いの無い施術方法ですが、類似品などの光治療をエステサロンで受ける場合、これらのリスクや副作用に対応できることができないため、お勧めできません。光治療を検討されているのであれば、美容クリニックで施術を受けましょう。


7 イセアが提案する光治療は「M22」「ライムライト

当院では、上記で説明してきたフォトフェイシャル「M22」とフォトフェイシャルと同様の効果を発揮できる「ライムライト」を使用した施術を提案しています。

ライムライトとは、フォトフェイシャル同様IPL光治療を行う医療機器です。ライムライトは日本医師がキュテラ社(医療機器メーカー)と共同開発をした初めての日本人向け光治療機器です。(フォトフェイシャルは韓国製)他の光治療器と比較して照射の痛みが軽減され、痛みに弱い方でも「ライムライト」なら大丈夫と言われる方が多い施術方法です。

気になる方は是非公式サイトをご覧ください。

イセア専門サイトはこちら>


8 まとめ

今回は「フォトフェイシャル」とは何かを詳しくご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。まとめると以下のようになります。

・フォトフェイシャルとは、ルミナス社の出している医療専門のIPL光治療機器のこと。その他「フォトフェイシャル」と名称がついているものは類似品であり、家庭用美顔器やエステにはフォトフェイシャルは存在しない。
・フォトフェイシャルの効果はシミ・そばかす・赤み・色素沈着・肌の弾力やシワ・ハリ・キメに作用する。
・フォトフェイシャルのパルス幅はレーザーより広く、レーザー機器より多くの症状に対応ができる。
・フォトフェイシャルの価格は2万円~4万円ほどで、回数を重ねる必要がある。
・フォトフェイシャルにはリスクや副作用があるので、医学的知識がない場所で類似品を受けることはお勧めできない。
・イセアの光治療は、フォトフェイシャル・ライムライトを提案している。

フォトフェイシャルにご興味が湧きましたか?気になる方は施術を受けてみて、綺麗な肌を手に入れましょう!

イセアのメディカルスキンケア

自分で出来ることは、もうやりましたよね?

年齢、肌質の違い、生活環境の違いなど、肌の状態は一人ひとり全く異なります。
だからこそ、理想の肌を目指す施術や、悩みを解消する治療も一人ひとり違うものです。

イセアのスキンケアは、専門的な知識と経験、洗練し続ける技術で「あなたの肌」に最適な治療をご提案します。

MedicalSkinCare Selectplanメディカルスキンケアセレクトプラン
1回の施術で3種類の施術を受けて頂く贅沢なプランです。

シミ・そばかす・ハリ・小じわ・くすみ・キメ・弾力・美白・たるみ・炎症後色素沈着の10の症状を改善することができるプラン。

トライアル ¥23,800
1回    ¥63,000
5回    ¥154,000
10回    ¥240,000

※価格はすべて税抜です。

プランについて詳しくはこちら≫

その他お悩みに合わせた治療プランもご用意しております。
詳しくはイセアクリニック専門サイトをご覧ください。