華やかな肌を手に入れる!肌のくすみを医学的に改善する6つのポイント

肌色が明るくて綺麗な人、目が離せないような透明感のある人、うらやましいですよね。昔は色白で褒められていのに、最近はそんな風に言われなくなった…むしろ、ファンデーションの色が合わなくなってきた…そんな方、いませんか?

肌のくすみは顔全体の印象を邪魔してしまいます。どんなに綺麗なアイシャドウでアイメイクしたり新しいメイクに挑戦しても、なんだか暗い印象でメイクが映えなかったら残念です。

肌のくすみは、生活習慣を見直したり正しいケア方法を行えば改善することができます。

昔は褒められた肌をもう一度手に入れませんか?

今回は肌のくすみにお悩みの方に、原因や改善方法、クリニックでケア方法を徹底解説いたします。


1 肌のくすみと

 “肌のくすみ”とは、肌色が本来のトーンより何らかの原因で暗く見えている状態です。くすみの原因の皮膚自体の色が暗くなっていたり、血行不良などにより顔色が暗く見えている場合、毛穴の汚れで暗くみえている場合もあります。

それぞれくすみの症状の原因は異なりますが、改善をするためには原因に合わせたケア方法を行う必要があります。
次の章ではくすみの原因を解説します。まずは自分の肌のくすみの症状や原因を理解しましょう。


2 肌のくすみには6つの原因がある

1章で記したように肌のくすみには様々な原因があります。セルフケアを行う場合、自分の肌のくすみの症状がどんな原因であらわれているのかを理解していきましょう。
下記が肌のくすみの6つの原因です。

1 生活習慣の乱れ(睡眠・喫煙・過度な飲酒)(ターンオーバーの乱れ)
2 紫外線、摩擦(メラニン増殖、ターンオーバーの乱れ)
3 身体の冷え(血行不良)
4 毛穴の汚れ
5 肝斑の可能性(シミ)
6 肝臓・肝機能障害などの全身疾患

さらに下記の表は、6つの原因を引き起こす行動や生活習慣です。自分が当てはまるかチェック項を確認してみて下さい。

症状の原因を引き起こす行動、生活習慣

原因

✓睡眠不足

生活習慣の乱れ

✓喫煙をしている

✓過度な飲酒

✓ストレスを発散できていない

✓無理なダイエット

✓運動不足

✓便秘

✓野菜を摂らず脂肪分が多いものばかり食べている

✓入浴(浴槽にお湯をためて浸かっていない)

✓日焼け止めを普段日常的に使用していない

紫外線

✓日傘や帽子などで直射日光を遮断する習慣がない

✓肌の保湿を行っていない

✓冷たいものをよく摂取する

身体の冷え

 

✓防寒対策をあまりしていない(身体の冷えを感じる)

✓メイクをきちんと落としていない

毛穴の汚れ

✓生理不順

肝斑(かんぱん)の可能性

✓30歳~50歳

✓お酒が美味しく感じなくなった

肝臓への負担

✓足がむくむ・お腹が張る

✓検診で肝臓異常を指摘された

上記の内容がくすみの原因として考えられますが、肌のトラブルの原因は自分で判断をするのは難しく、誤ったケア方法を行ってしまう可能性もあります。確実に改善をする為には、クリニックで専門家に診断してもらうことが近道といえます。

しかし、生活習慣を見直すきっかけや、肌に対する知識を持つことは自分の肌と向き合う上で重要なことです。理解を深めていきましょう。


3 症状に対する原因とセルフケア・クリニックでの有効的なケア

ひとつひとつの症状に対し、有効的なケア方法をご紹介していきますが、美白作用のある化粧水やクリームなどの基礎化粧水はどのタイプのくすみにも有効的です。主に美白成分として入っていると効果が期待できるのは下記の成分です。

・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸(内服薬でも3-5で紹介しています)
・ハイドロキノン

基礎化粧水を選ぶときに、全ての成分が入っている必要はありません。クリニックやエステサロンなどで専門家に相談をして、美白成分が多く含まれているものを紹介してもらうのもいいでしょう。

では、ひとつひとつ症状とケア方法をご説明していきます。

3-1 生活習慣の乱れ(ターンオーバーの乱れ

症状と原因

実は肌のくすみの原因で最も多いのは「生活習慣の乱れ」です。さらに詳しく原因を記すと、生活習慣が乱れることによって起こる「ターンオーバーの乱れ」で症状が起こります。

ターンオーバーとは、代謝により肌が再生されるサイクルのことです。普通、肌の再生のサイクルは約28日間で行われており、基底層から新しい細胞が生成され、押し上げられた角質層は垢や古い角質として剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わります。

このターンオーバーが乱れると、古い細胞が蓄積されるので肌色が黒ずんでしまうのです。

基底層 
 

この、ターンオーバーが乱れる一番の原因が生活習慣の乱れです。下記は生活習慣の乱れで考えられる内容です。当てはまる点がないか、チェックしてみて下さい。

・睡眠不足 ・喫煙 ・過度な飲酒 ・疲労 ・無理なダイエット ・運動不足 

・食生活の偏り(野菜不足、脂肪分過多) ・便秘 ・シャワーのみの入浴 ・ストレス

セルフケア

この原因が当てはまる方は明白です。とにかく生活習慣を見直すことが重要なので思いあたる点の項目を改善していきましょう。

生活習慣の乱れは「ターンオーバーの乱れ」以外にも様々な身体の不調を起こす原因になります。例えば、食生活の偏りは、高血圧、糖尿病、動脈硬化を及ぼす可能性があります。また、運動不足は心筋梗塞や脳卒中や糖尿病の可能性をあげる原因にもなります。さらに肌のトラブルはくすみだけでなく、ニキビや吹き出物、目の下のクマや乾燥肌などの異なる肌トラブルを引き起こす原因にもなるのです。

まずは生活習慣を見直し、ストレスを溜め込まずリフレッシュできる生活を送れるように意識して改善していきましょう。

life

有効的なクリニックのケア

ピーリング(グルコール酸ピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリング)

概要

施術時間

価格

蓄積された古い角質を溶かし、表皮の細胞を活性化させて、ターンオーバー(新陳代謝)の正常化を促す方法

5分

¥6,000~

※当イセアクリニックの価格を記載しております。

ターンオーバーの乱れに有効的なケアは「ピーリング」です。ピーリングとは、古くなった角質を薬剤によって溶かし、肌のターンオーバーを促します。当イセアクリニックでは、グルコー酸ピーリングとサリチル酸マクロピーリングの方法があり、専門家の診断によって施術方法を提案します。サリチル酸はグルコール酸に比べ古い角質を取り除く作用強い成分です。

施術時間も5分~8分ほどで完了し、当日からメイクや洗顔も可能です。人によって施術回数は異なりますが、定期的な施術をおすすめしています。

piiling

3-2 紫外線、摩擦(メラニン増殖、ターンオーバーの乱れ)

症状と原因

肌のくすみの原因で次に多いのが「紫外線を浴びることで作られるメラニン色素」です。

メラニン色素というと、シミやそばかすの原因となる事はご存知の方も多いと思いますが、くすみの原因にもなります。

夏の強い紫外線を浴びたり長時間紫外線を浴びてしまうとメラニン色素が過剰に生成されターンオーバーが追い付かず、肌のくすみの原因となってしまいます。

セルフケア

紫外線による症状の原因の場合は、紫外線をカットする予防をしっかりと行う必要があります。また、ターンオーバーの正常化を促すために、市販で販売されているピーリング剤(※ピーリングについて詳しくは31有効的なクリニックでのケアで説明しています。)を使用してケアをすることも有効的です。保湿力の高い基礎化粧品やUVクリームを使用し、紫外線をバリアできる肌を作ることが大切です。

UV

有効的なクリニックのケア

イオン導入

概要

施術時間

価格

皮膚にマイナスの微弱電流を流し、電力の反発を起こさせ、皮膚のバリアゾーンを突き抜けてビタミンCを真皮上層まで浸透させる方法

10分

¥6,000~

※当イセアクリニックの価格を記載しております。

メラニン色素を分解、排出させるのに有効的なビタミンCを真皮上層に浸透させることにより、くすみやシミの原因となる色素を薄くする作用があります。

当日にメイクや洗顔も可能な施術です。ビタミンCを導入することによって美白、美肌の効果が期待できます。

ion

IPL光治療

概要

施術時間

価格

広領域の光の波長から、皮膚に有害な紫外線領域の光を特殊フィルターでカット。肌のしみ・くすみ、肌質の改善に有用な光の波長のみを選択して取り出す光治療器で行う施術方法

10分~20分

¥40,000~

※当イセアクリニックの価格を記載しております。

ライムライトは、光の波長でそれぞれの症状に対し有効的な効果が得られます。メラニン色素に届き分解する作用がありコラーゲン生成を促す効果が期待できます。

こちらの治療内容も当日メイク、洗顔が可能です。効果には個人差がありますが、専門家の判断により定期的な施術を提案します。

高濃度ビタミンC点

概要

施術時間

価格

血中のビタミンC濃度が通常時より20~40倍以上になり、血中から細胞のずみずみまでビタミンCが届きます

30分

 ¥10,000~

※当イセアクリニックの価格を記載しております。

高濃度のビタミンCが行きわたることにより、メラニン色素生成の抑制による美肌効果、コラーゲン生成によるシミ、シワ、くすみ、たるみの改善に有効的です。

tenteki

 

シナール配合錠 処方

ビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸を配合した複合ビタミン剤。メラニン色素の生成を抑制し、くすみやシミなどの色素沈着の改善にも用いられます。

3-3 身体の冷え(血行不良)

症状と原因

身体の冷えは血行不良を起こします。血行不良とは、血液がうっ滞することで血流の酸素を運搬する役割が滞り、血液がドロドロの状態になることです。血行不良を起こすと肌の健康的な赤みが青黒く見えてしまいます。

ターンオーバーの乱れによる皮膚の色の変化とは異なり、血行が悪くなることで顔色が悪く見えてくすんでいる状態ですが、身体の冷えはターンオーバーの乱れの原因にもなります。そもそも生活習慣の乱れによって体が冷えている可能性がありますので、いずれにしても生活習慣を見直すことが重要です。

セルフケア

ホットパックや湯船につかり入浴をする習慣、靴下の着用などを見直しましょう。また、冷たい飲み物を飲む習慣がある人は常温の水に変えると冷えの予防になります。

冷えは生活習慣の乱れにも通じる原因です。食生活や入浴、運動不足を解消することで身体の冷えを予防することができます。

bathtime

有効的なクリニックのケア

Qスイッチヤグレーザー

概要

施術時間

価格

表皮から真皮層上部に作用し、照射した範囲は熱によって組織が破壊され、コラーゲンを生成します

20分~30分

 ¥40,000~

※当イセアクリニックの価格を記載しております。

ジェネシスは真皮上層までQスイッチヤグレーザーの熱が作用するので、照射患部が温まり血行促進を促します。また、表皮のピーリング効果も期待できるので、くすみの原因となる皮膚表面の黒ずみを除去し改善につながります。さらに、コラーゲンの生成がされることにより、肌のハリやトーンUPに繋がるので血行促進をはじめ、くすみの原因となる症状を総合的に解消することも期待できます。

 

当日にメイク、洗顔も可能な施術内容になります。効果は人によって異なりますが、専門家の診断により定期的な施術をおすすめすることもあります。

3-4 毛穴の汚

症状と原因

皮膚の表面はくすみの原因となる角質がなく綺麗でも、毛穴に詰まった汚れで顔全体のトーンが暗く見えてしまう症状です。毛穴の汚れは、メイクなどの汚れが落としきれていないことが原因。毛穴に詰まった汚れは酸化すると黒く変色してしまうので、顔色が黒く見え、くすみの原因となります。下記で細かく説明しますが、正しいクレンジングや洗顔をする必要があります。

セルフケア

毛穴のつまりを解消するセルフケアは、正しい洗顔・クレンジングです。ホットタオルで顔を温めて毛穴を開き、優しく洗顔するといいでしょう。また、皮脂は油分なのでクレンジングオイルも有効的です。適量のクレンジングオイルをとり、決して力任せに擦らず、優しくマッサージしてください。

さらに、毛穴の汚れを除去した後は引き締めることも大切です。クレンジングや洗顔の後は、冷やして開いた毛穴を引き締めましょう。冷水で顔を流したりアイスノンを押し当てて冷やしても良いです。アイスノンを使う際は直接押し当ててしまうと冷たすぎるので、清潔なタオルでくるんで使用することをおすすめします。

cooling

【有効的なクリニックのケア】

ディープクレンジング

概要

施術時間

価格

毎秒25,000回の超音波振動で水の分子を吹き付け、皮膚表面の古い角質や毛穴の詰まりを除去する効果的な方法

5分

 ¥6,000~

※当イセアクリニックの価格を記載しております。

古い角質や毛穴のつまりを超音波でクレンジングする方法です。セルフケアより深い位置の毛穴のつまりを除去することができ、つまりを解消する効果が期待でいます。また、毛穴のつまりだけでなく古い角質を除去してくれるので、肌の色味もトーンが上がりくすみの症状を改善することができます。

さらに、上記でご紹介したような光治療の効果を促進させる作用もあるので、他の施術と組み合わせて行うと、より効果を期待して頂けます。

施術当日にはメイクも洗顔も可能です。

deepcleansing

ピーリング

毛穴のつまりを解消す津施術としても効果が期待できる方法です。詳しくは、上記「ターンオーバーの乱れ 有効的なクリニックのケア」をご覧ください。

3-5 肝斑の可能

症状と原因

肝斑とはシミの一種。3040歳に多くみられ、原因は多岐にわたると言われていますが、一般的に女性ホルモンの乱れが影響して起こると言われています。頬骨の辺りや口周辺、目尻の下辺りに左右対称にできる特徴があり、輪郭がはっきりしない、もやっとした褐色のシミです。肝斑が顔色を暗く見せ、くすみの原因となります。このくすみの場合は肝斑の症状を改善するケア方法が必要です。

セルフケア

肝斑とは、シミの一種になります。シミの種類を自分で判断するのは非常に難しく、とくに専門家の診断を受けることをおすすめします。自分でケアしたい場合は、女性ホルモンの乱れを解消するべく、生活習慣の乱れの改善(食生活、冷え、喫煙など)を行いましょう。市販の薬を服用するのも効果を出すことができますが、薬を服用するのであれば是非クリニックで専門家に診断して頂くのがおすすめです。

効果が期待できるクリニックのケア

トラネキサム酸 処方

肝斑の原因の共通点は「弱い炎症が長く(慢性的に)続くこと」です。
炎症が起きると、肌の防御反応としてメラニンが活性化されます。こういった炎症を抑える効果のある薬が『トランサミン』です。体の内側からの肝斑対策です。

効果を最大限に出させるためには、血中濃度を一定に保つことが重要。飲んだり飲まなかったりでは、あまり効果を期待できません。また、2-3日飲んだからといって急に効果があらわれる薬でもありません。
1
日のうちになるべく決まった時間に毎日続けて飲むことが重要です。効果が出るまで2カ月間―6カ月間続けて飲む必要があります。

イオン導入

肝斑の症状には、イオン導入も有効的なケアになります。詳しくは、上記に記載した「紫外線 クリニックでの有効的なケア」をご覧ください。

toransamin

3-6 肝臓・肝機能障害などの全身疾患

症状と原因

原因は、はっきりしたものがはわかっていません。その為、セルフケアで治すのは難しい症状です。クリニックでは、肝臓や肝機能を正常な働きに戻すような施術方法を行い治療します。

 

有効的なクリニックのケア

プラセンタ注射(肝臓

概要

施術時間

価格

ヒトプラセンタ(医薬品)を使用し、顔に直接注射を打つ方法

5分

 ¥10,000~

※当イセアクリニックの価格を記載しております。

施術当日にメイクや洗顔も可能で、専門家の診断により定期的な施術をおすすめすることもあります。

トラネキサム酸

上記、「肝斑のクリニックでの有効的なケア」で詳細を記載しておりますので、ご覧ください。


4 肌のくすみを隠せるメイク方

この章では、肌のくすみを改善するのではなく隠す方法をご紹介します。肌の悩みをうまく隠しましょう。

くすみを隠すメイク方法は、コントロールカラーをうまく使用することです。下記がコントロールカラーの選び方です。

・イエローカラーは黒っぽいくすみを明るい印象に見せてくれる
・ピンク系のカラーは、血行不良の青黒い顔色を補正。健康的に見せます。
・「黄くすみ」の場合は、パープルやブルーの反対色を使用すると抑えられます。
・加齢により、茶色っぽい印象のくすみはオレンジが若々しく華やかな印象に見せます。

さらに、合わせて使用するファンデーションはカバー力のあるものを使用しましょう。ハイライトやフェイスパウダーにパールが入っている明るいものを使用すると、光が反射しくすみをカバーしてくれますよ。

controlcolor


5 まとめ

今回は肌のくすみについて解説しましたがいかがでしたでしょうか。肌のくすみには6つの原因があり、それぞれに合ったケア方法を行う必要があるということです。くすみの原因が自分で判断することが難しく、それぞれクリニックでも適する施術方法が用意されています。

まずは、お悩みをすぐに解消できるメイク方法を活用して専門家に相談してみて下さい。

肌のくすみが解消されると透明感のある明るいトーンで、若々しい華やかな印象になりますよ。是非、お悩みを解消して明るい肌を手に入れてくださいね。