【目の下のたるみ治療】東京イセアクリニックのおすすめポイントご紹介します!

東京イセア

今回は、目の下のたるみを「美容クリニックで治そう」「東京の美容クリニックで探そう」そんな風に決めた方へ、東京イセアクリニックをおすすめするポイントをご紹介します。

東京で目の下のたるみ取りのメニューを用意しているクリニックはいくつかありますが、それぞれドクターやクリニックごとに見解が異なり、用意されているメニューや価格も異なります。

もちろん、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けたり、様々な点で比較して納得のいくクリニックを選択して頂くことが一番です。

今回はイセアクリニックの考え方や、メニュー内容をお勧めさせて頂きますので、是非検討材料にしてみて下さいね。


1 東京イセアクリニックをおすすめする4つの理由

東京イセアクリニックとは、東京都銀座の総合美容クリニックです。

当院で「目の下のたるみ取り」をご紹介する4つのポイントをご紹介させて頂きます。

1-1「本当に切らない」目の下のたるみ取りはイセアだけ

イセアの目の下のたるみ取りの大きな特徴である「本当に切らない」目の下のたるみ取りをご紹介します。

イセアでは、メスを使わずに目の下のたるみ取りを行う「切らずにトライ」プランがあります。
他のクリニックにある「切らない目の下のたるみ取り」とは、「皮膚を切開せず粘膜を切開する」外科手術のことですが、当院の「切らずにトライプラン」は、切開をしない治療方法です。
目の下のたるみの症状に高い効果が期待できると言われている4つの医療機器を駆使し、切らずに行う治療プログラムです。

この治療プログラムは、「切りたくない」「外科手術が怖い」という思いをもっている方に対し、「まずは切らずにトライしてほしい」という思いでご用意しました。

もし、「切らずにトライ」プランで治療を行い効果にご満足いただけなかった場合は、効果を保証する「安心のオペ保証」が付いてます。

切らずに行う皮膚科領域の治療を外科領域の手術で保証ができるのは、当院が総合美容クリニックだからこそできるプランです。

詳しい内容については2章にてご紹介しますので、気になる方は是非ご覧ください。

1-2「症状に合わせた術式」を提案するのがイセアの考え方

冒頭でも記述しましたが「目の下のたるみ取り」を行っている美容クリニックは都内にいくつかありますが、それぞれで見解が異なるのが現状です。

当院は、患者様ひとりひとり異なる目の下のたるみの症状に合わせた最適な治療方法をご提案することが重要だと考えています。目の下のたるみの症状は4つに分けることができ、この4つの症状全てを治す治療メニューをご用意しています。

下記は目の下のたるみの症状と合わせた適応する施術方法です。

目の下の脂肪がふくらんでいる

➡下眼瞼脱脂術(経結膜法) or「切らずにトライ」プラン 高周波(電気針)コース

目の下の皮膚がたるんでいる

➡下眼瞼除皺術or「切らずにトライ」プラン 超音波コース

目の下の脂肪がふくらんでいる・皮膚がたるんでいる

➡下眼瞼脱脂・除皺術or「切らずにトライ」プラン 複合症状プラン

目の下の脂肪がふくらみ、皮膚のたるみ、頬上部の凹みが併発している

➡ハムラ法or「切らずにトライ」プラン 複合症状プラン

このように原因に合わせて治療方法が異なることは当たり前のことですが、実はこのように症状に合わせて治療方法を提案しているクリニックが少ないのが現状です。一つの術式を推奨しているクリニックではすべての症状を改善することはできません。

「目の下のたるみの症状に合わせて治療方法をご提案できる」ことが、東京イセアクリニックの特徴です。

1-3保証・サポートが充実しているイセアの目の下のたるみ治療

クリニックを検討される中で重要なポイントとなるのは価格ですよね。

当院はそれぞれの価格設定に加え、充実の無料保証や無料サポートが付いています。

他のクリニックでは「実際合計金額がいくら?」と細かい金額が追加でかかりがちな料金は、施術料金に含まれていますので施術料金以外に料金が発生することはありません。東京で美容クリニックを探されている方は比較検討されてみて下さい。

無料サポート内容

・麻酔料金無料(麻酔クリーム・局所麻酔・笑気麻酔)
・初診料無料
・アフターケア料金無料(保護テープなど)
・術後に必要な痛み止めなどの薬代無料

施術に対する保証内容

・「安心のオペ保証」
全ての「切らずにトライ」プランについている保証内容です。施術後、万が一効果に満足がいかなかった場合、術後6カ月間適応手術を無料で受けていただける保証制度です。

・「安心の再手術無料保証」
全ての目の下のたるみ取りの外科手術のメニューについている保証内容です。手術後、万が一効果にご満足がいかなかった場合、術後6カ月間再手術を無料で受けていただける保証制度です。

外科手術に対するダウンタイム補助

・タクシーチケット、サングラス・マスクお渡し

全ての目の下のたるみ取りの外科手術に対しダウンタイム補助が付いています。
手術後にタクシーチケット(1万円まで利用可能)をお渡し、マスクやサングラスをお渡ししています。
「ダウンタイムの症状で人目につかずにお帰り頂きたい」という思いで付けた補助内容です。

1-4日本形成外科認定専門医が行う「目の下のたるみ取り」

1-1で「本当に切らない目の下のたるみ取り」をご紹介しましたが、症状の原因を物理的に取り除くことができる外科手術は確実性の高い改善を目指します。切開することに抵抗がない方や、一度で高い効果を出したい方には、外科手術の治療メニューをお勧めしております。

目の下のたるみ取りの外科手術は、美容外科で行う手術の中でも最も難しい手術と言われており、執刀する医師の技術と経験が非常に大切なポイントと考えます。

イセアの執刀医は、必ず日本形成外科学会認定専門医の資格を持っています。日本形成外科学会認定専門医とは、解剖学を熟知した形成の技術を第三者機関から認められているということが言えるでしょう。

この資格を取得するためには、6年以上日本医師の免許を有し2年間の初期臨床研修終了後、形成外科領域全てに関して、学会の認める認定施設において4年以上の専門医研修期間が必要となります。さらに、研修期間で行う研修記録で必要な項目は、受け持った患者で直接手術に関与した300症例の症例一覧をはじめとする実経験です。

つまり、最低でも6年間のキャリアと300症例以上の手術に関与する必要があります。

最も難易度の高い技術を要する手術内容だからこそ、安心して手術を受けていただくポイントです。ドクター選びの検討材料にしてみて下さい。


2 イセアが行う目の下のたるみ取り治療をご紹介

この章では、イセアクリニックで行う目の下のたるみ取りの治療方法をご紹介します。

1章でもご紹介したように当院では目の下のたるみの4つの原因に対し、「切らずにトライ」プランと「外科手術」での治療方法をご用意しています。

1 目の下の脂肪がふくらんでいる

2 目の下の皮膚がたるんでいる

3 目の下の脂肪がふくらみ・皮膚がたるんでいる

4 目の下の脂肪がふくらみ・皮膚のたるみ・頬上部の凹みが併発している

外科手術

「切らずにトライ」プラン

1 目の下の脂肪がふくらんでいる

下眼瞼脱脂術(経結膜法)
270,000円

単一症状プラン 高周波(電気針)コース
198,000円

2 目の下の皮膚がたるんでいる

下眼瞼除皺術
270,000円

単一症状プラン 超音波コース
198,000円

3 目の下の脂肪がふくらみ・皮膚がたるんでいる

下眼瞼脱脂・除皺術
378,000円

複合症状プラン
328,000円

4 目の下の脂肪がふくらみ・皮膚のたるみ・頬上部の凹みが併発している

ハムラ法
378,000円

複合症状プラン
328,000円

 


3 東京イセアクリニックで行う目の下のたるみ治療プランの説明

2章でご紹介した目の下のたるみ治療プランを細かくご説明します。

「切りたくない」「外科手術がこわい」という方は、3-1の「切らずにトライ」プラン、「切ることに抵抗がない」確実に治療効果が欲しい」という方は3-2「外科手術」をご覧ください。

それぞれの治療方法の概要やイセアのポイントをご紹介します。

3-1「切らずにトライ」プラン

1 目の下の脂肪がふくらんでいる

コース
単一症状プラン 高周波(電気針)コース (安心のオペ保証付き)

価格
198,000円(税込み)

プラン内容
高周波(電気針)3回×近赤外線1回×YAGレーザー1回

通院回数・期間
4回~5回 最短6ヶ月

ダウンタイム
3日~最長2週間…内出血・腫れ(高周波(電気針)治療の場合のみ)

※近赤外線・YAGレーザーのダウンタイムはありません。

概要
症状の原因となる眼窩脂肪のふくらみに対し高周波(電気針)を用いて治療します。高周波(電気針)で、症状の原因となる眼窩脂肪を焼灼し、蒸散・縮小させることができます。さらに、皮膚中層から表皮に効果をもたらすことが期待でき、たるみの症状に効果的な近赤外線・YAGレーザーを組わせて異なる皮膚の層にアプローチを行います。

2 目の下の皮膚がたるんでいる

コース
単一症状プラン 超音波コース (安心のオペ保証付き)

価格
198,000円(税込み)

プラン内容
超音波2回×近赤外線1回×YAGレーザー1回

通院回数・期間
2回~4回 最短6ヶ月

ダウンタイム
1日~最長1週間…腫れ・赤み・筋肉痛のようなしびれ(超音波の場合のみ)
※近赤外線・YAGレーザーのダウンタイムはありません。

概要
症状の原因となる皮膚のたるみに対し超音波を用いて治療します。超音波皮膚深層の筋膜を加熱することで、筋膜がギュッと収縮しリフトアップ効果が期待できます。

また、エネルギーが届いた組織は壊れ、壊れた組織は自己治癒力によりコラーゲンが産生されます。このコラーゲンが産生する作用を促進することで効果が12ヶ月続き、リフトアップ効果が期待できます。皮膚中層から表皮に効果をもたらすことができ、たるみの症状に効果的な近赤外線・YAGレーザーを組わせて異なる皮膚の層にアプローチを行います。

3 目の下の脂肪がふくらみ・皮膚がたるんでいる
4 
目の下の脂肪がふくらみ・皮膚がたるんでいる・頬上部が凹んでいる

コース
複合症状プラン (安心のオペ保証付き)

価格
328,000円(税込み)

プラン内容
高周波(電気針)3回×超音波2回×近赤外線2回×YAGレーザー2回

通院回数・期間
7回~9回 約9ヶ月

ダウンタイム
3日~最長2週間…内出血・腫れ(高周波(電気針)治療の場合)
1日~最長1週間…腫れ・赤み・筋肉痛のようなしびれ(超音波治療の場合)
※近赤外線・YAGレーザーのダウンタイムはありません。

概要
脂肪のふくらみに対し高周波(電気針)を用いて治療をします。高周波(電気針)は症状の原因である眼窩脂肪を焼灼し、蒸散・縮小する治療をおこないます。
皮膚のたるみに対し超音波を用いて治療を行います。超音波は皮膚深層の筋膜を加熱することで組織がギュッと収縮しリフトアップ効果が期待できます。また、エネルギーが届いた組織は壊れ自己治癒力によりコラーゲン産生が促されます。このコラーゲン産生の促進効果が12ヶ月続き、リフトアップ効果が得られます。さらに、皮膚中層から表皮に効果をもたらすことが期待でき、たるみの症状に効果的な近赤外線・YAGレーザーを組わせて異なる皮膚の層にアプローチを行います。4つの機器を駆使し、徹底的にアプローチを行う切らないたるみ治療の最高峰プランです。

3-2外科手術

1 目の下の脂肪がふくらんでいる

◆術式
下眼瞼脱脂術(経結膜法) (安心の再手術無料保証)

価格
270,000円(税込み)

通院回数・期間
3回 完成まで3ヵ月

ダウンタイム
2週間(腫れ・内出血・違和感)

概要
下まぶたの裏側(アッカンベーをした時に見える赤い粘膜部分)を切開し、突出している眼窩脂肪を摘出する施術方法。皮膚を切開しないので、人から見える位置に傷跡が残らないのが特徴です。

イセアのポイント
他院では、下眼瞼脱脂術(経結膜法)に脂肪注入を組み合わせる術式を推奨しているところがあります。これは、脂肪注入を行うことで、脱脂をした後の仕上がりを綺麗に形成する考えのもと行っています。

しかし脂肪注入を行うことで、脂肪注入に伴うリスク(脂肪壊死や感染など)が伴い、脂肪注入をするための脂肪を摘出する箇所(太ももなど)にダウンタイムが生じたり、金銭面でも負担が増えるデメリットがあります。

イセアでは、仕上がりを想定した最適な脂肪の摘出量で治療を行うことができる、経験と技術がある医師が手術を行います。その為、脂肪注入をしなくても美しく仕上げることができ、脂肪注入に伴うリスクやデメリットなどの患者様の負担を回避することがイセアのポイントです。

2 目の下の皮膚がたるんでいる

術式
下眼瞼除皺術(かがんけんじょすうじゅつ) (安心の再手術無料保証)

価格
270,000円(税込み)

通院回数・期間
4回 完成まで3ヵ月

ダウンタイム
2週間(腫れ・内出血・違和感)

概要
下まつげのすぐ下を切開し、隔膜と筋肉を剥離します。たるんでいる皮弁(血流がある皮膚組織のこと)を引き上げ、余っている皮膚を切除します。切開部分を縫合、1週間後に抜糸をします。

イセアのポイント
この術式は、上記の通り「隔膜と筋肉を剥離する」ことが基本の術式です。しかし、この「隔膜と筋肉を剥離する」技術が非常に難しく、習得している医師が少ないのが現状です。

この技術を習得している医師が行う手術と、そうでない医師が行う手術では、摘出できる皮膚の幅が大きく異なります。それに伴い手術結果に差が出るのです。

イセアでは、必ずこの技術を習得した医師が行うので手術に自信があります。自信があるからこそ結果を保証できる再手術無料保証がついている点もイセアのポイントです。

3 目の下の脂肪がふくらみ・皮膚がたるんでいる

術式
下眼瞼脱脂・除皺術(かがんけんだっし・じょすうじゅつ) (安心の再手術無料保証)

価格
378,000円(税込み)

通院回数・期間
4回 完成まで3ヵ月

◆ダウンタイム
2週間(腫れ・内出血・違和感)

概要
下まつげのすぐ下を切開し、隔膜と筋肉を剥離します。隔膜を切開し突出している脂肪を摘出し、たるんでいる皮弁(血流がある皮膚組織のこと)を引き上げ、余っている皮膚を切除します。切開部分を縫合、1週間後に抜糸をします。

イセアのポイント
症状が併発している方が適応になりますが、非常に難易度の高い術式で、メニューを用意しているクリニック自体が少ない治療方法です。適応症状に対し、最適な術式だといえますので、適応症状に該当する方は特にイセアでの施術をおすすめさせて頂きます。

4 目の下の脂肪がふくらみ・皮膚のたるみ・頬上部の凹んでいる

術式
ハムラ法 (安心の再手術無料保証)

価格
378,000円(税込み)

通院回数・期間
4回 完成まで3ヵ月

ダウンタイム
2週間(腫れ・内出血・違和感)

概要
下まつ毛のすぐ下を切開し、突出している眼窩脂肪を頬上部の凹み部分に移動し固定します。脂肪を移動することで頬をふっくらと平らにならす方法です。さらに余った皮膚を切除し縫合、1週間後に抜糸をします。

イセアのポイント
外科手術全般に言えることですが、イセアでは目の下のたるみ取りの手術を行う際に、高周波メス(電気メス)を使用しません。他院で高周波メスを使用するメリットとは、切開部分に熱を加えながら行うので止血を行わずに手術をすることができ、医師が手術をしやすいという点です。しかし、切開部分に熱を加えることで血流を無くしてしまうことになり、切開部分の傷口が治る際に治癒のスピードが遅くなります。つまり、ダウンタイムが通常のメスを使用するより長くなってしまうということです。イセアでは、ダウンタイムを短くするために通常のメスを使用することにこだわっています。

 

目の下のクマ・たるみ治療 専門サイトはこちら

目の下のクマ・たるみによって顔全体が暗い印象になってしまうことがありますが、
それらが改善されると、表情が明るく、若々しくはつらつとした印象になります。

イセアクリニックでは、幅広い年齢層の患者様がご相談にいらっしゃいます。
もちろん男性の方もお気軽にご相談ください。

当院は目の下のクマ・たるみ治療において『切りたくない』『外科手術が怖い』という悩みをもっている方に向けて、メスを入れない治療「切らずにトライ」プランをご用意しています。「切らずにトライ」プランは現状の美容医療で行える治療プログラムで高い効果を期待できるプランです。

『一度で確実に効果を出したい』『通えない』という方には、外科手術の治療方法もご提案いたします。
イセアの外科手術は、解剖学を熟知した形成外科医が行う”症状に合わせた最適な術式”をご提案いたします。

詳しくは目の下のクマ・たるみの専門サイトをご覧ください。

「切らずにトライ」プランについてはこちら≫
「外科手術」についてはこちら≫