おすすめ記事

早く消すならピコレーザー!最新のタトゥー除去法を医師が徹底解説

タトゥーをレーザー治療で消す方法は、手軽で安価で傷跡が残りにくいなど、一見メリットの多い治療に見えますが、

『そもそも消えるか分からない・・・』
『黒色しか消えない・・・』
『消えるまでに長い時間が掛かる・・・』

といったデメリットの多い治療法でした。

しかし、ピコレーザーがタトゥー除去市場に出現したことにより、この認識が大きく変わることになるのです。

今まで基本的に単色しかも黒色系統のタトゥーしか効果が発揮できなかったレーザー治療でしたが、カラータトゥーも除去の対象になり、また、長い期間掛かっていたレーザー治療も従来の約半分の期間で効果がみられるということも分かりました。

まだ導入しているクリニックも少ないピコレーザーですが、レーザーでタトゥーが除去できるなら傷跡も残らないし、ダウンタイムも少ないし、こんないいことはありませんよね?

そこで今回はタトゥー除去で使用されるピコレーザーについてどこよりも詳しく解説していきます。

ピコレーザーを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

1.ピコレーザーとはカラータトゥーも早く消せる優れもの

ピコレーザーとは、ピコ秒でレーザーを皮膚まで到達させることのできるレーザー機器の総称で、現在、日本のクリニックで使用されているピコレーザーは、米国サイノシュア社の『ピコシュア(PicoSure)』、米国キュテラ社の『エンライトン(enLIGHTen)』、米国キャンデラ社の『ピコウェイ(PicoWay)』などが挙げられます。

1ピコ秒は「1兆分の1秒」に当たり、あまりピンとこないかもしれませんが、皮膚への到達がとても早いため、肌への負担が軽く、タトゥーのインクをとても細かく砕くことができるので、除去スピードも早いという優れたレーザー機器です。

今までタトゥー除去で用いられていたレーザーがナノ秒(10億分の1秒)に値するレーザーなので、その差は歴然です。(億と兆の違いです。)

また、今までのタトゥー除去で用いられていたレーザーとは異なり、カラータトゥーも除去の対象となります。どのレーザーがどの色に対応するかどうかは、レーザー機器が持っている波長(nm)により異なります。

可視範囲

従来のレーザーでは、2種類の波長(532nm1064nm)のみが使えるもので、主に1064nmを黒色のタトゥー除去用として使用していました。しかし、機器にもよりますが、ピコレーザーは1064nm660nm595nm532nmなどの波長を使うことで、幅広い色味に対応できるものとなったのです。

上記で色々と説明してきましたが、簡単に言うと今までのレーザーの違いは下記の2点です。

 

ピコレーザー

従来のレーザー

カラータトゥー

×

治療回数※

少ない

多い

※従来のレーザーと比較した場合です。

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

2.ピコレーザーでタトゥーを除去するときの費用

今まで消すことが難しかったカラータトゥーに対応し、レーザー治療のデメリットである、治療回数が従来よりも少なくなったピコレーザーですが、気になるのはその治療価格ですよね。

ピコレーザーを導入しているクリニックをみてみると従来のYAGレーザー治療の費用の約2倍~2.5倍の価格設定をしているクリニックが多いといった印象です。

当イセアクリニックでは、1㎠あたりの費用を下記のように設定しています。

 

1回目

2回目

3回目

4回目

5回目以降

ピコレーザー

18,000円

16,200円

14,400円

12,600円

10,800円

YAGレーザー

10,800円

9,720円

8,640円

7,560円

6,480円

※税込

ただし、一筋縄でいかないのがレーザー治療の費用です。

まず、上記1㎠の料金を記載している通り、タトゥーの大きさごとに1回あたりの価格が変わるので、自分のタトゥーの大きさを測った上で見越しておく必要があります。

また、同じ大きさのタトゥーでも面積全体を照射しなければならないイラスト型のタトゥーと線や文字のみのタトゥーでは照射面積が異なるため、価格が異なる場合があります。
線や文字のみのタトゥーはその色が付いている部分を集めた大きさで見積もる場合が多いです。

タトゥー

さらに、前述している通り1回の照射でタトゥーが消えることはないので、ピコレーザーでは最低でも3の照射は見込んでおく必要があります。

当クリニックでは、回数を重ねる必要があるレーザー治療はピコレーザーの場合、2回目は1回目の料金の10%OFFの価格、3回目は1回目の料金の20%OFFと5回目まで10%ずつ価格が割引かれる価格設定をしています。(5回目以降は1回目の40%OFFの価格)

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

3.ピコレーザーでタトゥーを除去するときの照射回数と期間

ピコレーザーでタトゥーを消す場合、最低でも3回の照射が必要となります。照射の間隔は2ヶ月おきなので、最低6ヶ月の期間を要します。

期間

なぜ2ヶ月の期間を要するかと言うと、ピコレーザーは、照射直後は表面が白くかさぶたのようになります。患部をガーゼで保護し、3日間ほど軟膏の塗布などケアを続けると2週間ほどでかさぶたが取れますが、肌はまだ回復していない状態です。もう一度レーザーを当てて良い状態までに肌が回復するのには約2ヶ月掛かるため、2ヶ月空けて再度照射を行います。

そのため、最低6ヶ月の期間が掛かるのです。

ここで注意しておかなければ照射回数です。確かにピコレーザーは従来のYAGレーザーよりも少ない照射回数でタトゥーを除去できるものですが、全てのタトゥーに対し、効果を発揮できるものではないため、確実にタトゥーを消せる方法ではありません。

刺青(和彫り)の場合は注意

刺青(和彫り)と呼ばれる最も深い層にタトゥーが彫られているタトゥーはレーザーの熱が深いそうに届かないため、レーザーでの治療が難しくなります。YAGレーザーが自彫り(ご自身で墨汁を使って彫ったタトゥー)のみ対応であったのに対し、ピコレーザーは機械彫り(ファッションタトゥー)まで対応できるようになったことは事実ですが、それでもレーザーで反応できないタトゥーもあり、また回数を重ねなければ消えるかどうか分からないと言ったこともありえます。

タトゥーレーザー治療について詳しくはこちら>>

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

4.ピコレーザーでタトゥーを除去するときの痛み

ピコレーザー治療中は針で刺されているような、針で強くなぞられるような痛みを感じます。タトゥーを入れたときのような痛み、もしくはそれ以上に痛みを感じるといった感想を持たれる方もいらっしゃいます。

ですが、ピコレーザー治療はクリニックでの治療ですので、麻酔を使用することができます。ピコレーザーで使用される麻酔は以下の3つです。

【表面麻酔 麻酔の強さ★★☆☆☆】
表面麻酔とは、クリーム状の麻酔を患部に塗布することで表面の感覚を麻痺させるものです。レーザー治療の際に使用されることが多い麻酔ですが、表面の感覚を麻痺させることが目的の麻酔なので、深部で起こる痛みに対してはカバーできないため、表面麻酔だけでは痛かったという感想を持つ方も少なくありません。

【笑気麻酔 麻酔の強さ★★★☆☆】
鼻から笑気ガスを吸うことでぼーっとするような、酔っ払ったときのような感覚になり、意識や感覚が鈍くなることで痛みを麻痺させる方法です。

上手く吸えると痛みは全く感じませんが、上手く吸えなかったり、呼吸器疾患、中耳疾患がある方は笑気麻酔ができない場合があります。

【局所麻酔 麻酔の強さ★★★★★】
局所麻酔とは、レーザーを照射する部分に直接注射で薬を注入し、感覚を麻痺させる方法です。部分的に感覚が麻痺しているので意識はハッキリとしていますが、部位の感覚はないため、麻酔が切れるまで痛みを一切感じない方法です。

ただし、注射なので麻酔を注入するときの痛みを感じる方もいらっしゃいます。その際は笑気麻酔を併用します。

当イセアクリニックでは、この笑気麻酔と局所麻酔の料金は無料となっております。

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

5.ピコレーザーでタトゥーを除去するときのダウンタイム

ピコレーザーでタトゥー除去治療を行った場合、ダウンタイムは2週間程度と他のタトゥー除去治療と比べてダウンタイムは少ない施術と言えます。

ピコレーザーは、照射した瞬間からタトゥー部分が白く変わり、かさぶたのようになっていきます。

下記はピコレーザーの施術中を撮影した動画です。

かさぶたは12週間程度で剥がれ落ちるため、ガーゼで勝者部分を保護する期間も12週間程度で問題ありません。照射後から痛みや運動、生活の制限などは特になく、シャワーは当日から、入浴や運動、飲酒なども翌日から可能です。そのため、子育てや仕事への影響などで安静にすることが難しい方におすすめの治療法でもあります。

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

6.ピコレーザーでタトゥーを除去するときの副作用

ピコレーザーでタトゥー除去治療を行う上での副作用として挙げられるのは一時的な黒色化です。

白や肌色、茶色などの色のタトゥーは一時的に黒色化する場合があります。タトゥーのインクに金属類が入っていることが理由とされており、金属粒子含有色素に反応して黒くなってしまっている可能性があるとされていますが、症例数がまだ少ないことから明確な理由は分かっていません。しかし、この黒色化は照射回数を重ねることで次第に改善されるといわれています。

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

7.ピコレーザーでタトゥーを除去するときのリスク

ピコレーザーで起こりうるリスクは、「ヤケド」「色素脱失」「色素沈着」です。この3つのリスクはどれも照射を行うスタッフの技量がリスクを引き起こすかどうかの分かれ目になるため、クリニックを選ぶ際は、症例数や症例写真のチェックをおすすめします。

「ヤケド」
黒色にレーザーが強く反応することにより、周りの皮膚にも刺激を与え、健常な皮膚が熱を持ってヤケド、水ぶくれが起きてしまいます。もともと、レーザー治療は、一度かさぶたになることが避けられない、かなりアグレッシブな治療になるため、軽いヤケドは一番起こる可能性が高いリスクと言えます。

ヤケドの跡が肥厚性瘢痕といって盛り上がることもあります。もともと皮膚の表面より突出したタトゥーの場合におこりやすいです。

「色素脱失」
色素脱失とは、肌も従来の皮膚の色がなくなり、白くなってしまうことをいいます。

ピコレーザーは従来のレーザーよりもパワーが強いレーザーです。日本人は黄色人種ですので、照射パワーを少し見誤ると元々の皮膚にある色素も破壊してしまい、タトゥーが入っていた部分が白くなってしまいます。

「色素沈着」
色素沈着とは、健常な皮膚に黒く跡が残ってしまう症状です。

色素沈着はレーザーによる刺激で健康な皮膚に刺激が与えられることにより、皮膚を守ろうとするとメラニンが生成されることにより色素沈着が発生します。色素沈着もレーザーの出力を見誤ることで起こるリスクになります。

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

8.ピコレーザー治療はイセアがおすすめ

イセアのピコレーザー治療には4つの特徴があります。

1.無料治療サポート
レーザー治療を行う際に必要な「麻酔」であったり、「アフターケア物品」、万が一肌トラブルが起きた際の「アフターケア」全てを無料としています。

タトゥー除去治療は決して安い治療ではありません。患者様の費用面での負担をできるだけ抑えるため、イセアでは治療以外にかかってしまう費用を全て無料といたしました。

2.サイズが大きくなるにつれ1㎠あたりの単価を安く
タトゥーのサイズが大きければ大きいほど、レーザー治療の価格も高くなります。
そのため、イセアではサイズが大きくなるにつれ1㎠あたりの単価を安く設定し、大きなタトゥーでも始めやすい価格設定にしています。
詳しくは料金シュミレーションをご利用ください≫

3.2回目以降の価格を安く
レーザー治療ではほとんどのタトゥーが回数を重ねる必要があります。継続する必要があるからこそ、患者様が継続しやすいよう、2回目以降の照射から10%ずつの割引を設けています。

照射回数 2回目 3回目 4回目 5回目以降
1回目の料金からの割引率 10%OFF 20%OFF 30%OFF 40%OFF

4.手術への切り替えサポート
イセアでは、切除術・植皮術・削皮術への切り替えサポートを用意しています。
レーザー治療では、複数回の照射を行ったとしても消えないタトゥーもあります。

そのため、イセアでは2回目の経過をみて、医師がレーザーでの除去が難しいと判断した場合、手術(切除術・植皮術・削皮術)でのタトゥー除去をおすすめさせていただきます。
その際、手術(切除術・植皮術・削皮術)での除去に切り替えを行う場合、レーザー治療に掛かった2回分の料金を手術の費用から引かせていただきます。

このような4つのサポートを設け、ピコレーザー治療を提供しております。

無料LINEカウンセリング
無料LINEカウンセリング

9.まとめ

ピコレーザーとは従来のレーザー治療では難しかったカラータトゥーの除去ができるようになっただけでなく、従来のレーザー治療より少ない回数で治療可能となった最新のタトゥー除去レーザーです。そのため価格は従来のレーザー治療よりも高くなります。その上、「何回照射したら消えるのか」が不明瞭であるため、消せるまでのスケジュールや予算は余分に見積もっておくことに越したことはありません。

【ピコレーザーの痛み・ダウンタイム・副作用・リスク】
・痛み ・・・ 麻酔を使用せずに照射を行うとかなり強い痛みを伴いますが、麻酔を使用することで無痛治療が可能となります。
・ダウンタイム ・・・ 翌日以降の生活・運動に制限はありませんが、照射した部分のかさぶたが取れるまで2週間ほど掛かります。
・副作用 ・・・ 一部の色が黒色化することが稀にありますが、照射を続けることで改善されます。
・リスク ・・・ ヤケド・色素脱失・色素沈着のリスクがあります。照射スタッフの技量によるものです。

以上を踏まえた上で、納得の行くタトゥー除去治療を行ってください。

 

 

タトゥー除去の写真カウンセリングはこちらから

カウンセリングに行く時間がない・・・
遠方でカウンセリングに行けない・・・
匿名で相談したい・・・

そういった方のご希望にお応えするために、東京イセアクリニックでは、LINEでの料金案内を行っております。

相談されたいご自身のタトゥーを、大きさの比較対象(500円玉・ものさしなど)と一緒に、体のどの部位のものかも分かるよう撮影し、お送り下さい。メッセージ欄には、ご希望の治療法(レーザー切除植皮削皮)をご記載下さい。

友だち追加

 

また、下記手順でもLINEカウンセリングが可能です。

1.LINEの『友だち追加』画面に移動いただく
2.検索画面のID検索から【@isea】で検索いただく
or
2.QRコードから下記QRコードを読み取りください

 

 

3.検索結果に『東京イセアクリニック』が出ますので、友だち追加をお願いします。
4.トークの画面から写真、メッセージを送ることが可能です。

 

LINEを送るときの注意事項

  • メッセージ欄からサイズをお送りいただくとより詳細な料金案内が可能です。
  • お返事は1週間以内にドクターからさせていただきます。

また、LINEアカウントをお持ちでない方は、引き続き写メールカウンセリングも行っております。
タトゥーのお写真と本文にご希望の施術を記載し、メールアドレス[tattoo@isea.jp]まで送信して下さい。

ドメイン指定拒否 や、パソコンからのメールを受信しない設定にしている方は解除した上でお送りください。
※携帯メールアドレスの場合、当院からのお返事が送信できないケースがありますので、【ご連絡先電話番号 or パソコンメールアドレス】を必ず明記してください。

また、ご来院いただく形でのカウンセリングも受付けております。下記からご予約下さい。